マクラーレン 570S クーペ、スポーツシリーズの第1弾登場|McLaren

マクラーレン 570S クーペ、スポーツシリーズの第1弾登場|McLaren

CAR NEWS

McLaren 570S Coupe|マクラーレン 570S クーペ

マクラーレン 570S クーペ、スポーツシリーズの第1弾登場

2011年に「MP4-12C」で市販スーパーカーマーケットに参入し、スーパーカー史にあらたなページを書きくわえた英国のマクラーレン・オートモーティブ。今年3月に開催されたジュネーブ モーターショーで発表した「675LT」に続き、ニューヨーク オートショーでニューモデル「570S クーペ」をワールドプレミアしニューモデルラッシュに沸いている。この新型車はマクラーレン第3のラインナップとなる「スポーツシリーズ」のトップバッターで、エントリークラスを担当するのだという。

Text by SAKURAI Kenichi

3つのシリーズが完成

3月に開催されたジュネーブ モーターショーで、ニューモデル「マクラーレン 675LT」をワールドプレミアしたばかりのマクラーレン・オートモーティブが、4月1日より開幕したニューヨーク ショーで、エントリークラスを担当する「スポーツシリーズ」の第1弾となる「570S クーペ」を発表した。

現在マクラーレンは、ラインナップの拡充とセグメントの明確化を図っている。トップに位置するのは「アルティメットシリーズ」と呼ぶセグメントで、2013年のジュネーブ ショーで市販型を公開したハイブリッドスーパーカー「P1」や、そのサーキット専用モデルで1,000psを誇る「P1 GTR」がラインナップする。

McLaren 570S Coupe|マクラーレン 570S クーペ
McLaren 570S Coupe|マクラーレン 570S クーペ

昨年のジュネーブ ショーで公開された「650S」や、今年のおなじくジュネーブ ショーでワールドプレミアを果たしたその650Sの進化版ともいえる「675LT」は「スーパーシリーズ」と呼ぶ第2のセグメント。シリーズの中間に位置し、記念すべきマクラーレン・オートモーティブの市販1号車(「マクラーレン F1」は旧称であるマクラーレン カーズのモデル)となった「MP4-12C」もこのシリーズにあたる。

そして今回ニューヨーク オートショーで初公開された「570S」は、これまでにないラインナップ、すなわちマクラーレンのラインナップでエントリーセグメントを担当する「スポーツシリーズ」の第1弾として登場。マクラーレンのDNAを受け継ぐポテンシャルとパフォーマンスを持つロードモデルでありながら、魅力的なプライスタグを下げるのだという。マクラーレンはこのスポーツシリーズの誕生によって、今後3シリーズ戦略を展開することになるわけだ。

ポルシェ「911」やアストンマーティンのV8ラインナップはもちろんのこと、その軽量なボディを武器に、フェラーリのミッドシップモデルやランボルギーニ「ウラカン」をもライバルとして射程内に収める570Sは、もちろんエントリーシリーズとして初めて本格的なミッドシップスポーツカーを楽しもうという新規ユーザーの獲得が最大のテーマであるはずだが、そのパフォーマンスを知れば既存のスーパースポーツも安穏としていられるはずはない。