富士スピードウェイでマクラーレン P1を試す|McLaren

富士スピードウェイでマクラーレン P1を試す|McLaren

CAR FEATURES

McLaren P1|マクラーレン P1
マクラーレン テストドライバー、クリス・グッドウィン氏がドライブ

富士スピードウェイでマクラーレン P1を試す

マクラーレンが新世代のスーパースポーツカーとして、昨年のジュネーブモーターショーで発表した「P1」をついに試乗する機会が訪れた。そのステージに選ばれたのは、世界屈指の高速サーキット「富士スピードウェイ」。マクラーレン・オートモーティブのチーフテストドライバー、クリス・グッドウィン氏によるドライブのもと、幸運にも同乗する機会を得た大谷達也氏がレポートをお届けする。

Text by OTANI TatsuyaPhotographs by ARAKAWA Masayuki

驚天動地のパフォーマンス

かつてレーシングドライバーだったクリス・グッドウィン氏は、ドライビングの腕前とクルマの解析能力を買われ、現在はマクラーレン・オートモーティブのチーフテストドライバーとして、同社が送り出すすべての製品の開発とチューニングにかかわっている。マクラーレンのフラッグシップモデルである「P1」も彼の手で熟成が図られたことはいうまでもない。

そんなグッドウィン氏がドライブするP1に同乗できるチャンスが私のもとに舞い込んできた。断る理由はなにひとつない。私は「マクラーレン トラックデイ ジャパン 2014」が開催されている富士スピードウェイにひとり駆けつけた。

P1に同乗できるのは2周だけという約束だった。ただし、このスーパースポーツカーの最大の特徴は、公道では快適に走り、サーキットではレーシングカー並みのパフォーマンスを示す点にある。だとすれば、もっともスパルタンなレースモードと、公道用のノーマルモードのふたつは少なくとも試したい。

s_22_mclaren_p1
s_64_mclaren_p1

マクラーレン テストドライバーのクリス・グッドウィン氏

そこで、コクピットに乗り込む直前のグッドウィン氏にこれを申し出たところ、彼はふたつ返事で「OK」と応えてくれた。ただし、これが当初の約束を破ることにつながるとは、このときの私はまだ知る由もなかった。

P1は、「MP4/12C」のために開発されたエンジン、ギアボックス、モノコックなどを巧みに利用しながら、それらを一段とチューニングし、さらにハイブリッドシステムを取り付けることで最高速度:350km/h(リミッター作動)、0-100km/h加速:3秒未満、0-200km/h加速:7秒未満、0-300km/h加速:17秒未満という驚天動地のパフォーマンスを実現したスーパースポーツカーである。これと並ぶパフォーマンスの持ち主といえば、「ラ フェラーリ」と「ポルシェ 918 ハイブリッド」くらいのものだ。