フェラーリ 488 GTB、ついに日本へ上陸|Ferrari

フェラーリ 488 GTB、ついに日本へ上陸|Ferrari

CAR NEWS

Ferrari 488 GTB|フェラーリ 488 GTB

フェラーリ 488 GTB、ついに日本へ上陸

先代「458イタリア」の後継モデルとして、今年3月のジュネーブモーターショーで初披露となった新型V8フェラーリ「488 GTB」が待望の日本デビュー。

Text by AKIZUKI Shinichiro(OPENERS)

V8エンジンのターボ化とエアロダイナミクスの強化

今年3月に開催されたジュネーブモーターショーでワールドプレミアを飾ったフェラーリ最新のV8モデル「488 GTB」が、待望の日本上陸を果たした。フェラーリ初のミッドシップV8モデルとして誕生した「308 GTB」を祖に、先代「458イタリア」の後継として開発されたこのニューマシン。そのハイライトとなるのは、やはり搭載されるパワーユニットだろう。

先に登場した新型「カリフォルニアT」にならい、これまでのナチュラル アスピレーションエンジンからターボエンジンへとスイッチされたのは、この最新V8ベルリネッタもおなじ。先代458イタリアの総排気量4,499ccから、3,902ccへと大幅にダウンサイジングされたが、そこは当然フェラーリ。最高出力492kW(670ps)/8,000rpm、最大トルク760Nm/3,000rpmと、それぞれ先代比でプラス67kW(100ps)、プラス220Nmというスペックを持つ。

Ferrari 488 GTB|フェラーリ 488 GTB
Ferrari 488 GTB|フェラーリ 488 GTB

これに組み合わされるのは、いなかる回転域においても強大なエンジントルクをスムーズかつパワフルに引き出す、可変トルク制御システムを搭載するF1-DCTの7段変速(デュアルクラッチトランスミッション)だ。

0-100km/h加速は、先代比で0.4秒速い3.0秒。これは458イタリアのスペシャルモデルとして2013年夏に発表された辛口仕様の「458 スペチアーレ」と同タイムであり、かつ0-200km/hに至っては、0.8秒速い8.3秒をマークする。フェラーリのテストコース、フィオラーノでのラップタイムも、458 スペチアーレよりも0.5秒速い、1分23秒フラットという俊足ぶりだ。

もちろん新型ではパワーユニットだけに留まらず、エアロダイナミクスにもさらなるアップデートが施されている。空気抵抗は、歴代プロダクションモデル史上もっとも少ない1.67という数値を達成しながらも、ダウンフォースは先代よりも50パーセント引き上げられた。