初試乗、フェラーリ カリフォルニアT|Ferrari

初試乗、フェラーリ カリフォルニアT|Ferrari

CAR

Ferrari California T|フェラーリ カリフォルニア T

ターボのフェラーリについて考える

初試乗、フェラーリ カリフォルニアT

2014年3月のジュネーブ モーターショーでデビューしたフェラーリ「カリフォルニアT」は、「F40」以来ひさびさとなるターボを搭載したフェラーリという点で注目を集めた。アメリカで実際にカリフォルニアTに試乗する機会を得た九島辰也氏は、そのエンジニアリングに感心し、フェラーリのつくるターボ車というものについて考えを巡らせた──

Text by KUSHIMA Tatsuya

フェラーリのターボ

イタリア語のコンプレッソーレ。英語でいうコンプレッサー、つまり過給機のことだ。もっと身近な言い方をすればターボチャージャー。排気ガスの一部を使ってタービンをまわし、圧縮した空気をエンジン内へ送り込むアレである。

フェラーリが実用化したのは80年代の初頭のフォーミュラカーと言われる。スクーデリア フェラーリが手がけたそれは、バンク角120度のV6エンジンで、上部にドイツのKKK製ターボチャージャーをマウントしていた。物の本によれば、ターボラグのキツいかなりやんちゃなマシンだったらしい。

Ferrari F40

Ferrari 288 GTO

では市販車ではどうか。

すぐに思い浮かぶのは、「F40」だろう。1987年にフェラーリ創業40周年記念として登場したスーパースポーツで、そのエンジンにインタークーラー付きツインターボが搭載されていた。サプライヤーはIHI。公称最高速度は320km/hというから恐れ入る。21世紀に突入したいまもじゅうぶん通じる、トップランクであることはまちがいない。

このほかでは「288GTO」なんかもそうだが、個人的には「208GTB/GTSターボ」も見逃せない。おなじみ「308」同様のピニンファリーナデザインボディに2リッターV8をミッドにマウントしたモデルである。こいつには前述したフォーミュラマシンの影響が色濃く残る。ターボチャージャーはそれとおなじKKK製だったからだ……。