特集|OPENERS的ニッポンの若手建築家 PARTII Vol.6 石上純也インタビュー

特集|OPENERS的ニッポンの若手建築家 PARTII Vol.6 石上純也インタビュー

OPENERS的ニッポンの若手建築家

Vol.6 石上純也(1)

震災以後に考えていること

2011年はこれまで当たり前に思っていた私たちの生活が、根底から揺さぶられる大きな出来事に遭遇した年となった。人びとの暮らしや、日々の営みが大自然の前では無力で、いかに儚いものであったのか2011年ほど実感した年はなかっただろう。石上純也氏は大きなものと小さなもの、建築のスケールから宇宙のスケールまで、あたらしい尺度をもった建築を考えつづけている建築家だ。震災以後の暮らしとは? 未来の生活のリアリティとは? ――石上純也氏が震災以後どのようなことを思い、建築について考えているのか話を聞いた。

インタビュアー、まとめ=加藤孝司

現代建築を超えていくもの

――震災のあと東北に足を運ばれたそうですが、そこで何を感じましたか?

想像を絶する状況でした。見渡すかぎり、ほとんど家がないこともそうですし、いま僕らが歩いているこの下にひとが埋まっているかもしれないという凄まじい状況が目の前に実際にありました。正直、なにをするべきかということがまったくわかりませんでした。

――そのような状態で、いま必要とされているものはどのようなものだと思いましたか?

率直に、とても親密で、プライベートな空間が必要だと思いました。というのも、ほとんどのひとが体育館などのパブリックスペースで暮らしているような状況でしたし、また、残された家々は、全壊または半壊状態でどこもかしこも屋外化していて、屋内と呼べるような空間はなにも残ってないようにも感じたからです。

もうひとつ、必要だと感じたことは、この状況からひとが住む場所をもう一度つくりなおすことができるあたらしい方法です。既存の都市計画では、解決できない多くのことがあるように思いました。

――今回、石上さんにお話をうかがいたいと思ったきっかけのひとつに、最近、石上さんが手がけられている民家の一部を移築したお年寄りのためのグループホームのプロジェクトがありました。このプロジェクトが今回の地震や津波とは無関係なことは承知のうえでお聞きするのですが、なにかを失ってしまったときに、再生するためには、物理的な意味でも気持ちのうえでも、手がかりとなるものが必要だと思いますがいかがですか。

このプロジェクトがその手がかりになるのかどうかはわかりませんが、まずは、僕が建築をつくるときの心構えというか、モチベーションというか、そういうところから話をしてみます。

僕は、現代建築がつくりだす空間のイメージにあたらしい次元をくわえたいとつねに考えています。グループホームのプロジェクトもそういった考えの延長にあります。とくにこのプロジェクトの場合、既存の現代建築の手法ではうまく解決できないと思っていました。

というのも、僕の個人的な見解では、コルビュジエ以降のいわゆる近代建築は、彼のドローイングからもわかるように、スポーツをするなど、健康なひとが建物を利用することによって、はじめて快適なイメージがつくられるような気がしています。おそらく、非健常者ではなかなか気持ちの良い空間のイメージがつくりだせない。病院などがいい例ですが、とたんに閑散とした味気のないものになってしまいます。 それは、近代建築というものが、基本的には、「機能」という建築のプログラム上の条件を前提としているからではないでしょうか。

たとえば、病院建築の場合、「病気を治す」という機能から効率性を前提に、空間のあり方を徹底してしまうと、どうしても機械的で牢獄のような極端に管理されたイメージのものになってしまいます。そこに近代建築の限界があると思っています。近代建築は、100年以上前に生み出された古い形式です。すべての問題を建築だけで解くことを目指していたように思います。

現代は、100年前に比べたら、テクノロジーもかなり発達したし、価値観も比べものにならないくらい多様化しました。建築もさまざまな関係性のなかで、さまざまな解決方法をもって提案できるようになってきていると思っています。僕は、つねにそういう状況を前提に建築を考えているし、このグループホームもそういう考えのもとに提案しています。

もう少しプロジェクトについて具体的な話をします。
これは、認知症の高齢者の方を対象にした施設で、グループホームという呼び名の一種の老人ホームです。その名前からもわかるとおり、グループで共同生活を営みます。認知症は、いまのところ治す手段が見つかっておらず、進行を遅らせること以外に手立てがありません。そういうわけで、とにかく、つねにほかのひとたちとコミュニケーションをとりながら生活をしていくことで、進行を遅らせるような効果を期待しています。

認知症の方の施設ということもあり、クライアントからは、それぞれの空間に個性をあたえて、利用者が空間を記憶しやすく、認識しやすくするようにと言われていました。そのために、それぞれの場所に個性をあたえていくことが課題だったわけですが、それをできるかぎり自然な方法でつくりだしたいと考えていました。
いかにも「いろんな空間をデザインしてみました」というように見えないことが重要だと思っていました。そこで生活を営む高齢者の方が自然だと思えて、同時に、ほかの誰が見ても自然に生活をしているように見えるものを目指そうとしています。(つづく)