特集|OPENERS的ニッポンの若手建築家 PARTII  Vol.1 長坂 常インタビュー

特集|OPENERS的ニッポンの若手建築家 PARTII  Vol.1  長坂 常インタビュー

OPENERS的ニッポンの若手建築家

Vol.1 長坂 常インタビュー(1)

AとCのあいだにある宙ぶらりんなもの

あたらしい価値と古いものがもつ価値。長坂氏のつくるものにはそのどちらにも属さない、素の状態がもつ美しさや生真面目さが同居する。マンションや住宅のリノベーション、傷痕の残るテーブルの表面にエポキシ樹脂を流しこみあたらしく生まれ変わったテーブルも、ものづくりとデザインすることの原点回帰といもいえる清々しさがある。普段とは異なる視点から対象を見ることは、それに先行する形態を発見し、そこに未来への道筋をひくことでもある。3・11以後の世界をふまえ、それ以前と以後でゆらぐ現代の価値を、ユニークな視点から建築と都市をとらえる長坂 常氏にうかがった。

インタビュアー、まとめ=加藤孝司

おおらかに都市を整理するための方法論

──長坂さんの最近の興味である“誤用”について教えてください。

昨年開催した「LLOVE」(2011年秋に代官山でおこなわれた日本人とオランダ人デザイナーの混成による、泊まれるホテルのエキシビション。長坂氏が日本側のディレクターを務めた)で、個人的に興味をもって取り組んでいたテーマが“誤用”でした。Sayama Flat以降、そして、震災以降さらに東京という都市を考えることが多くなりました。そのふたつがまた僕のなかで急接近しはじめ、すこしずつ言葉になり、かたちになろうとしています。

ちょっと話がそれますが、東京を考えるときに、僕が高校生のころの東京を思い出します。今年で40歳になるので、かれこれ20年以上前の話なのですが、あのころの東京って随分おおらかだったなあと。子どもだけで遠いところまで遊びに行けたし、歩きたばこは無論、電車や飛行機のなかでもたばこが吸えていた。自業自得ということで、個人の責任で行動がとれていた気がします。

町には、いまより、誰の領域ともつかない場所があって、とくにバブル崩壊後なんてそこらじゅうに空き地がありました。それで、僕はそんな場所を無料駐車場として使っていました(笑)。また、近道するのに他人の庭をとおっても、暗黙のルールで許されていたり、その点、町全体の輪郭がゆるくおおらかだった気がします。下北沢や新宿ゴールデン街など、コミュニティの巣窟も健全かどうかはべつとして、ワクワクさせてくれるエネルギーがあった。

建築家|長坂常 02

『Sayama Flat』(2008年) Photo by Takumi Ota

建築家|長坂常 03

『Sayama Flat』(2008年) Photo by Takumi Ota

──そこに変化があったとして、長坂さんにはどんな意識をもたらしましたか?

ちょうどそのころだと思いますが、ベルリンの壁の崩壊とともに東西冷戦の時代が終わり、誰もがこれから幸せな社会が開かれていくと思っていた。少なくとも僕はのんきに遊びほうけていました。そんな矢先に「宮崎勤事件」や「池田小学校事件」など、陰湿な犯罪が相次ぎ、それがきっかけとなりセキュリティがひとつの商品となり、セコムなどが台頭してきたのです。

その間、インターネットや携帯電話の普及など、個人の自由を獲得しながらも、地下鉄サリン事件、9・11など重い事件がつづいて、社会全体に閉塞感が加速してきた気がします。

そんな状況に対していつも不快な思いを感じていました。僕がものづくりに携わるようになるきっかけとして“予定調和の打破”があります。つまり、感動させることをあらかじめ想定された場所や状況でなく、日常のなかでつくりたいと思っていました。いまもそれは変わらず、さらに閉塞感が増すなか、社会を縛っているものの枠組みを取払う方法はないか、そんなことをここ最近考えてものづくりをしています。

──それはどんなことですか?

建築のようなハードなものを扱いながら、おかしな話に聞こえるかもしれませんが、建築家こそ、そういうビジョンをもって、社会へ向けたものづくりをしていくべきだと僕はつねづね思っています。そして、今回の東日本大震災をとおし、さらにその意識は強まっています。

そこで、“誤用”の話ですが、しばらく前に「あたらしい未来」っていうことさえ気恥ずかしくなってきたこの時代に、我われの現代において何があたらしいのかと考えたことがありました。その答えが、たとえば「八百屋」をやったり、「花屋」をやったり、そのもの自体はあたらしくなくとも、それを体験する個人にとってはあたらしい体験となるようなことを実際に自分でしてみることでした。

すると、僕自身もそれまで見えていなかった世界が見えてくるのと、そのジャンルにおいても、ほかの価値観が入り、固定化した古い体質から変わるきっかけになるかもしれない。僕にとって“誤用”というのは、まさにそんなことですね。