いま、世界が注目するニッポンの女性建築家たち特集

いま、世界が注目するニッポンの女性建築家たち特集

DESIGN FEATURES

OPENERSでは、2008年に5人の日本の建築家を紹介する「いま世界が注目するニッポンの若手建築家特集」を組んだ。それはインターネットやパーソナルコンピューターが、誰にとっても当たり前なものになり、情報化が高度に進んだゼロ年代の東京という街における現状を、街のかたちをつくる「建築家」という職能をもった彼らの言葉を借りて具現する試みであった。それはまた、東京という街を、非現実的なバーチャルに根ざしたものではなく、人間の営みのなかからにじみ出るリアリティあるものによって記述する試みでもあった。

テン年代(2010年代)に入って、経済、政治はますます混迷の度合いを深め、人びとの嗜好やファッションの流行は多様化し、世の中は先のみえにくい時代に突入しているように思える。だからこそいまは、前向きに考えれば、つぎの時代に向けたあらたな好ましい転換期を迎えているともいえるのではないだろうか。

今回の建築家特集では、日本の5人の女性建築家を紹介する。いずれも、東京という都市の現状を見据えながら、地方や世界にその視野を広げ、建築家にしかできない方法で、グローバルな活動をされている方々ばかりだ。本特集の5人の建築家の言葉のなかから、これからの東京(=都市)の姿と、OPENERS読者の皆さまにとっての未来のあるべき姿を少しでも浮かびあがらせることができたのなら、幸いである。

インタビュアー、まとめ=加藤孝司

いま、世界が注目するニッポンの若手建築家たち