伝説的タイムピース「コルヌ・ドゥ・ヴァッシュ」をSSで復刻|VACHERON CONSTANTIN
WATCH & JEWELRY / WATCH NEWS
2019年10月5日

伝説的タイムピース「コルヌ・ドゥ・ヴァッシュ」をSSで復刻|VACHERON CONSTANTIN

VACHERON CONSTANTIN|ヴァシュロン・コンスタンタン

1955年誕生の牛の角を思わせる独特のラグの形状が美しいクロノグラフが蘇る

ヴァシュロン・コンスタンタンの伝説的なタイムピース「コルヌ・ドゥ・ヴァッシュ」の復刻モデル「ヒストリーク・コルヌ・ドゥ・ヴァッシュ」がSS製で登場。2019年10月にリリースされる。

Text by YANAKA Tomomi

イタリアン・メゾン、セラピアンがストラップ製作を担当

1955年に発表された「コルヌ・ドゥ・ヴァッシュ」(参考商品)
1955年に発表されたヴァシュロン・コンスタンタン初の防水クロノグラフで、牛の角を思わせる独特のラグの形状から命名された「コルヌ・ドゥ・ヴァッシュ」が新たにステンレススチールケースが採用され、「ヒストリーク・コルヌ・ドゥ・ヴァッシュ」として復刻された。
「ヒストリーク」コレクションは2006年にヴァシュロン・コンスタンタンの貴重な歴史遺産に具体的なリアリティを付与したいと創設。これまで「アメリカン1921」や「エクストラフラット1955」などさまざまなモデルが新たに息を吹き返してきた。

そして2019年は「コルヌ・ドゥ・ヴァッシュ」の復刻である。オリジナルのデザインを忠実に再現しながらも、最新の時計製造のスタンダードに沿って作られており、ケース径は38.5mmに拡大。手巻きクロノグラフムーブメントにはキャリパー1142が搭載された。ベルベット仕上げのグレーオパーリンダイアル上にはスネイル模様に装飾された2カウンターのインダイアルが配され、白にハイライトされた60秒目盛りが記されているのが特徴だ。
ストラップはダークブラウンのパティーヌ仕上げが施されたカーフレザー。こちらはイタリア・ミラノのレザーグッズメゾン、セラピアンによるもの。ヴァシュロン・コンスタンタンとは初めてのコラボレーションとなる。
2つのプッシュピース、30分積算計とスモールセコンドの2カウンターインダイアルを配した伝統的なデザインながら、奇抜なラグのフォルムが一体となり、ヴァシュロン・コンスタンタンのアイデンティティを表した名作「コルヌ・ドゥ・ヴァッシュ」。オリジナルのスタイルが今、鮮やかに蘇る。

ムーブメント|手巻き Cal.1142
パワーリザーブ|約48時間
ケース素材|SS
ケース径|38.5mm
ストラップ|ダークブラウンのカーフレザー、セラピアン製パティーヌ仕上げ
防水|3気圧
価格|420万円(税別)
問い合わせ先

ヴァシュロン・コンスタンタン
Tel.0120-63-1755
http://www.vacheron-constantin.com

                      
Photo Gallery