WATCH & JEWELRY / WATCH NEWS
2020年1月26日

伝説のキャリバー321を搭載。ステンレススティール製ムーンウォッチ|OMEGA

OMEGA|オメガ

オメガ2020年新作! 伝説的なキャリバー321を搭載した「スピードマスター ムーンウォッチ 321 ステンレススティール」

オメガの「スピードマスター ムーンウォッチ 321 ステンレススティール」が2020年にリリースされる。このウオッチには、2019年1月にアポロ11号の月面着陸50周年を記念して復活した、伝説のキャリバー321が搭載される予定だ。

Text by OZAKI Sayaka

オリジナルモデルの特徴を再現した、ヴィンテージ感溢れるウオッチ

オメガは2019年1月に長い間待ち望まれていたアイコニックなキャリバー321の復活を発表し、同年7月にはこのムーブメントを最初に搭載した新しいタイムピース「スピードマスター ムーンウォッチ 321 プラチナ」が披露された。
そして2020年、この伝説的キャリバーを受け継ぐステンレススティール製のモデル「スピードマスター ムーンウォッチ 321 ステンレススティール」がリリースされる。

複雑で美しいデザインで知られるオリジナルのキャリバー321は、1957年に発表された最初のスピードマスターに搭載されたことで有名だ。また1965年に宇宙飛行士のエドワード・ホワイトがアメリカ人初の宇宙遊泳を行なった際、NASAの公式装備品としてスピードマスターST 105.003を着用。このエポックメイクなモデルに着想を得て、最新モデル「スピードマスター ムーンウォッチ 321 ステンレススティール」が誕生した。
本作はエドワード・ホワイトが愛用した第3世代のスピードマスターデザインを反映した最新作だ。39.7ミリのステンレススティール製ケースを採用、ポリッシュ仕上げのブラックセラミック(酸化ジルコニウム)製ベゼルリングと、ホワイトエナメルのタキメータースケール、段差を設けたブラックのステップダイアルが目を引く。
ダイアルを美しく彩るのは、“ムーンウォッチ”スタイルの針、サブダイアルのスモールセコンド、30分積算計、12時間積算計、そしてクロノグラフ針。さらに見逃せないのが、アイコニックな“ドット オーバー 90”(※タキメーターの90目盛りのドットが数字の上にあるもの。後継機では、数字の斜め、もしくは数字の横になった)とヴィンテージのオメガロゴ。デザイン全般にオリジナルを彷彿とさせるディテールが再現されているのだ。そしてキャリバー321は、サファイアクリスタル製のケースバック越しにいつでも眺めることができる。

スピードマスター ムーンウォッチ 321 ステンレススティール
Ref.|311.30.40.30.01.001
ムーブメント|手巻き(キャリバー321)
パワーリザーブ|55時間
ケース、ブレスレット素材|SS
ケース径|39.7mm
防水|5気圧
予価|151万円
販売|2020年初旬発売予定
問い合わせ先

オメガお客様センター
Tel.03-5952-4400

                                      
Photo Gallery