すべてにブロンズを採用した「オリス ビッグクラウン ブロンズ ポインターデイト」|ORIS
WATCH & JEWELRY / WATCH NEWS
2019年12月11日

すべてにブロンズを採用した「オリス ビッグクラウン ブロンズ ポインターデイト」|ORIS

ORIS|オリス

オリスのシグネチャーコレクションの歴史を称える、暖色のブロンズで包んだ新作

オリスの最も重要な役割を果たしたウオッチ「ビッグクラウン ポインターデイト」を称え、ケース、ベゼル、リュウズ、ダイアルすべてにブロンズを採用し、特殊加工でひとつひとつに独特な味わいを施した「オリス ビッグクラウン ブロンズ ポインターデイト」がリリースされた。

Text by OZAKI Sayaka

移り変わる時とともに表情の変化を楽しむ、ブロンズモデル

ビッグクラウン ポインターデイトがオリスのコレクションに加わったのは1938年。グローブを装着するパイロットのための、大きなリュウズと視認性の高いアラビア数字インデックスを使ったデザインは、実用的かつ色褪せない個性を備えている。このウオッチは、1970年代のスイスフランの急騰と世界的なクオーツウオッチの席巻に見舞われながらも、1980年代には機械式時計のみを製造し続けると決断を下したオリスと、スイス時計業界の復活を象徴する存在でもある。

このオリスのシグネチャーモデルであるビッグクラウン ポインターデイトを称えるべく、ブロンズ無垢のケースに、特殊加工でひとつひとつに独特の味わいを施した「オリス ビッグクラウン ブロンズ ポインターデイト」が誕生した。ブロンズのダイアルは個別に化学処理され、透明のマットコーティングを施すことによって、それぞれ異なる表情を見せている。また、時とともに自然酸化による風合いを楽しめるのが、このモデルの最大の特徴。ブロンズケースとダイアルは、オリスの哲学と、スイス製機械式時計の永遠の価値を象徴するものでもある。
ケースサイズは40ミリで、オリジナルの持つヴィンテージな雰囲気が継承されている。

オリス ビッグクラウン ブロンズ ポインターデイト

ムーブメント|自動巻き
パワーリザーブ|38時間
機能|時針・分針・秒針、ポインターデイト表示、クイックデイトチェンジ、デイトコレクター、ファインタイムデバイス、ストップセコンド針
ケース素材|ブロンズ
ケース径|40mm
ストラップ素材|レザー
防水|5気圧
価格|22万円(税別)
問い合わせ先

オリスジャパン
Tel.03-6260-6876
https://www.oris.ch/jp/home

                      
Photo Gallery