伝統的な芸術技巧と希少なメテオライトを融合させた超複雑時計|JAEGER-LECOULTRE
WATCH & JEWELRY / WATCH NEWS
2019年11月5日

伝統的な芸術技巧と希少なメテオライトを融合させた超複雑時計|JAEGER-LECOULTRE

JAEGER-LECOULTRE|ジャガー・ルクルト

ジャガー・ルクルトが、高度な時計製造技術と希少な鉱石ダイアルを融合させた超複雑時計「マスター・グランド・トラディション・ジャイロトゥールビヨン3‘メテオライト’」を発表

ジャガー・ルクルトより、多軸ジャイロトゥールビヨンおよびデジタル表示の分積算計を持つモノプッシャークロノグラフを搭載し、ダイアルにはアベンチュリン、グラン・フー エナメル、そして希少な合金であるメテオライトなどを融合させた超複雑時計「マスター・グランド・トラディション・ジャイロトゥールビヨン3‘メテオライト’」がリリースされた。世界限定8本のみの希少モデルだ。

Text by OZAKI Sayaka

ダイアルが織りなす奥行きのある表情と、宙に浮かんでいるようなトゥールビヨンが見事

スイスのマニュファクチュール、ジャガー・ルクルトより、グランド・メゾンであることを象徴する新作「マスター・グランド・トラディション・ジャイロトゥールビヨン3‘メテオライト’」が発表された。このモデルは、多軸トゥールビヨンというジャガー・ルクルトによる極めて優れた技術と、最高レベルの芸術的クラフツマンシップが融合された超複雑時計である。
ベースモデルは、2013年にジャガー・ルクルト創業180周年を記念し製造された「マスター・グランド・ トラディション・ジャイロトゥールビヨン 3」だ。そして2019年、ジャガー・ルクルトはさらなる革新を求め、この新作「マスター・グランド・トラディション・ジャイロトゥールビヨン3‘メテオライト’」を創り上げた。本作はモノプッシャークロノグラフを搭載し、ダイアルには、極めて優れた技巧を持つ職人の手作業によるギョーシェ彫り、エングレービング、グラン・フー エナメルといった伝統的なクラフツマンシップが随所に施されるともに、象嵌技巧によって希少なメテオライトが組み込まれた。
ダイアル表面では、ディープブルーのアベンチュリンと、美しい輝きを放つピュアホワイトのグラン・フー エナメルが、シルバーグレーのメテオライトの幾何学模様を際立たせている。カラー、テクスチャーの相乗効果によって、ディテールの温かみがいっそう際立つのだ。
このモデルに選ばれたギベオンのメテオライトは、ナミビアで発見されたオクタヘドライト型の結晶構造を持つ鉄-ニッケル合金だ。この合金は、宇宙空間に存在する小惑星の破片が先史時代に地球に衝突する前に、何十億年もかけて冷やされたことによって形成された、希少な鉱物なのだ。このメテオライトは、ジャーマンシルバーのブリッジと、時刻表示ダイアル中央のディスクに配されており、光を捉えると不規則な配列を持つ結晶構造が穏やかに揺らめく。
クロノグラフ表示では、ホワイトのグラン・フー エナメルのリングがアベンチュリンのディスクの周りを囲み、経過時間を秒単位で表示。デイ/ナイト表示を構成する24時間プレートの上には、ゴールドの半円がふたつ取りけられており、それぞれ昼と夜を表す。昼を表すホワイトの半円には、職人の手作業によるギョウシェとサンレイ模様のエングレービングが施されるとともに、ポリッシュ仕上げによるピンクゴールドの太陽が。また、夜を表す半円には、鮮やかなブルーを背景に、ポリッシュ仕上げによるピンクゴールドの三日月と星が配されている。3つの重なり合ったダイアルは、非対称的ながらも見事なバランスで層を成し、見る者にダイアルの奥行きの深さを感じさせる。
さらに見るべきは、メテオライトが主役を務めるムーブメントの裏側だ。ブルースクリュー、ルビー、手作業での面取りとポリッシュ仕上げが施され輝きを放つ宝石の皿穴、ブリッジ、地板、サテン仕上げが施され境目がマットな印象となったジャーマンシルバーの地板など、カラーとテクスチャーが相まってメテオライトの抽象的な幾何学模様をいっそう際立たせている。
世界でもわずかな職人だけが習得しているメテオライトの象嵌技巧には、類稀な精度と器用さが必要とされる。職人は、まずジャーマンシルバーの地板またはブリッジの表面をメテオライトの破片の厚さと完全に一致する深さにくり抜き、境目にはジャーマンシルバーの細帯のみが残るように加工。新しい表面にポリッシュ仕上げを施してからメテオライトを置き、縁がカーブを描く複雑な境目に継ぎ目が見えないように収め、表面と境目とをぴったりと重ねて完全に平らで一体化した面へと仕上げる。これらは1ミリにも満たない単位で行なわれる、この上なく手の込んだ正確な作業なのだ。
これほどの精密さが求められる作業であるからこそ、ジャイロトゥールビヨン機構の高い精度が実現可能なのだろう。極めて希少で複雑なこの多軸トゥールビヨンは、ふたつのケージから構成され、それぞれ異なる角度でセット。異なる速度で反対向きに回転し、ブルーの球体ヒゲゼンマイがケージ中央で心臓のように鼓動する。「ジャイロトゥールビヨン 3」に使用されている片持ちのフルアルミニウム製ケージは、トゥールビヨン・ブリッジがないため、空中に浮いているかのように見えるのだ。
真の芸術職人と時計製造の誇りをかけて考案、製造された新しい「マスター・グランド・ トラディション・ジャイロトゥールビヨン 3 ‘メテオライト’」は、ジャガー・ルクルトが築き上げた高い時計製造技術の究極の表現である。

マスター・グランド・ トラディション・ジャイロトゥールビヨン 3 ‘メテオライト’
Ref.|Q5032441
ムーブメント|手巻き(ジャガー・ルクルト製キャリバー176)
パワーリザーブ|45時間
機能|デジタル表示されるシングルプッシュボタンのクロノグラフ、時・分表示、デイ/ナイト表示、ジャイロトゥールビヨン
ケース素材|18KPG
ケースバック|オープン
ケース径|43.5mm
ストラップ素材|アリゲーターレザー
防水|50m
限定数|世界限定8本
価格|お問い合わせ
問い合わせ先

ジャガー・ルクルト
Tel.0120-79-1833
http://www.jaeger-lecoultre.com

                      
Photo Gallery