[短期連載4]フィンランド人と一緒にサウナに入ろう! SAUNAでマインドフルネスしよう!|TRAVEL
LOUNGE / TRAVEL
2019年8月6日

[短期連載4]フィンランド人と一緒にサウナに入ろう! SAUNAでマインドフルネスしよう!|TRAVEL

TRAVEL|サウナの本場、フィンランドへGO!

サウナ・トレイル(片っ端からSAUNAをハシゴ)なら 向かうはフィンランド湖水地方(4)

日本人にとっての温泉がひとつの文化であるように、フィンランド人にとってのサウナも、立派なカルチャーのひとつとなっています。彼らの自宅にはたいてい家庭用サウナが付いていて、湯船に入る代わりに毎日のようにサウナに入るのです。ところが現地では今、空前のパブリック・サウナブーム。そこには日本の銭湯のような公共性の高い“クラッシィ”なスタイルのものもあれば、スーパー銭湯のように、食事もできて半日寛げるタイプもあります。もちろん湖水地方にはあの“ニンゲン池ポチャ”ができる別荘式の湖畔サウナも! この原稿では、サウナの文化を紐解きつつ、どの地方にどんなサウナがあるのかを示していきたいと思っています。次の旅の目的地はフィンランド。旅の目的は“サウナ”で決まりですぞ!

Text by TSUCHIDA Takashi

サウナに加えて、オーロラを観るなら、ユヴァスキュラへ

大自然の神秘に触れるオーロラ鑑賞は、常にフィンランド渡航目的の上位を占めています。ただし、このオーロラ。フィンランドのどこででも見れるというわけではなく、南端のヘルシンキからある程度、北に移動しないと見えません。その意味では、フィンランド国土の中央に位置するユヴァスキュラは、オーロラ鑑賞の玄関口。秋から冬、春先に向けてフィンランド渡航を考えるなら、ユヴァスキュラまで足を伸ばしてみるのもよさそうです。
ユヴァスキュラでのサウナ体験は、レヴォントリで! 湖畔サウナ、スモークサウナ、ジャグジーなどの各設備は当然のことながら、ここでは「サウナヨガ」や「ヴィスキング」といったアクティビティも体験できます。

テントサウナで行なわれるサウナヨガですが、難しいポーズに挑戦するというよりも、サウナという落ち着いた空間のなかで、自分の呼吸に意識を集中させ、心の有り様を沈静化させるのが主目的。決して辛いものではありません。

言うなれば、サウナで行なう「マインドフルネス」。サウナとマインドフルネスって、かなり相性いいでっせ。サウナ内での手持ち無沙汰が一気に解消されていきます。この健康法、流行ると見た!

同様にヴィスキングもリラックス効果を得るための施術。かつてバルト地方のサウナでは、室内で祈祷する風習があった史実を現代解釈して、施術者が祈りの言葉を捧げつつ、白樺の枝葉を束ねたもので全身を軽く叩き、血行を促進させていきます。感覚的には、サウナ室内で行なうスパ施術のよう。女性の皆さんにオススメです。
東フィンランド大学の調査結果によれば、サウナには、高血圧、心臓病などのフィジカル疾患のみならず、認知症、鬱などの精神疾患に対するリスクを低減する効果があるとか。ならば、サウナアクティビティにマインドフルネス系の要素を取り入れるのは相性抜群というわけです。

サウナの後は、夜空を見上げましょう。イグルーなら、ベッドに横になりながら、オーロラ鑑賞が可能です。イグルーとは、前々回の原稿にも登場しましたが、簡易シェルターの意とお伝えしましたよね。ところが、このリゾートのイグルーは、立派な独立コテージ。ガラス張り天井のベッドルームの裏側にはリビングスペースとトイレタリーがあり、プライベート空間もしっかり守られています。
Revontuli – The Northern Lights Resort
住所|Revontulentie 1, 41500 Hankasalmi, FINLAND
TEL|+358-14-8448-200
https://www.revontuli.fi/en
Jyväskylä(ユヴァスキュラ)とは?
ヘルシンキから270km北上した中央フィンランド最大の都市。世界的に有名な建築家であるアルヴァ・アアルトが多くの時間を過ごし、最も多くのアアルトの作品がある街として知られている。FIA世界ラリー選手権(WRC)の一つである、ラリー・フィンランドの開催都市としても有名。豊かな湖と森に囲まれた中央フィンランドは、2015年に「サウナ・リージョン・オブ・ザ・ワールド」を宣言。毎年7月第1週は「サウナ・リージョン・ウィーク」として、中央フィンランド内の様々なサウナでイベントが開催される。どれだけ早くサウナを温められるかを競う、世界サウナ温め選手権や、16~20の様々なタイプのサウナを1日中はしごしながら楽しむサウナマラソンなど一風変わったイベントも開催される。ヘルシンキからユヴァスキュラまでは電車で約3時間30分。

フィンランド政府観光局では、「Visit Finlandサウナキャンペーン」を2020年10月31日まで開催中。フィンランド渡航の際は「サウナ御朱印帳」を入手してから、現地入りしてください。そしてサウナスタンプを集めるように、フィンランド各地のサウナを巡り、現地の人たちと一緒に、サウナの魅力を実体験により感じてください。日本の温泉がそれぞれ個性を持つように、フィンランドのサウナが色鮮やかに見えてくると思います。
サウナってなんだろう……、湯船と何が違うんだろう。フィンランドでサウナに入り続けていると、そんな疑問がだんだんどうでもよくなってきます。フィンランドではサウナに入るのが当たり前。サウナで汗を流し、自分や友人と向き合う時間を過ごす。胸のつかえをとり、身体と心を開放する。それがサウナに入るという行為。だから「日本のサウナではテレビが観れる」と伝えると、彼らは一様に驚くのです。「なんてもったいない時間の過ごし方をしてるんだ!」って。
僕たちは、なぜサウナに入るのか。
意味なんてないや。そこのサウナがあるからです。
◆サウナ御朱印帳入手方法:
サウナキャンペーン専用サイトより申し込み、後日、郵送でお届け。またはVisit Finland指定の旅行会社からも入手可能
◆サウナ御朱印帳の有効期限:2020年10月31日まで
◆対象サウナ:フィンランドで選ばれた100軒のサウナ(詳細はキャンペーンサイトを参照)
◆使用方法:Visit Finlandが指定するサウナ100選の中のサウナに設置されたサウナスタンプを自分で御朱印帳に押して集めていく。
◆特典:
①スタンプ5個で証明書をVisit Finlandより授与
②スタンプ10個でオリジナルサウナグッズをプレゼント
※御朱印帳、プレゼントは数に限りがあります。
https://www.visitfinland.com/ja/sauna/
問い合わせ先

フィンランド政府観光局
http://www.visitfinland.com/ja/

                                      
Photo Gallery
  • [短期連載4]フィンランド人と一緒にサウナに入ろう! SAUNAでマインドフルネスしよう!|TRAVEL