ピアノスト上原ひろみ、10年ぶりのソロアルバム『Spectrum』がリリース|MUSIC
LOUNGE / MUSIC
2019年11月2日

ピアノスト上原ひろみ、10年ぶりのソロアルバム『Spectrum』がリリース|MUSIC

MUSIC|上原ひろみ

即興とはすなわち“冒険”。世界的ジャズプレイヤー上原ひろみが誘う、音色という色彩世界(1)

この人は、とても素敵な自由人だと思います。ワタクシ、上原ひろみさんの楽曲を聴いて、勝手にそう決めつけています。だってピアノの音が、むちゃ楽しそうなんだもん。プレッシャーとか、ストレスとか、現代人の誰もが等しく、いろんなものを抱えているはずなのに、彼女の音って、とっても楽しそうに弾けています。ですから新譜『Spectrum』は、“自由”が枯渇している現代人への処方箋。効き目たっぷりの、聴く処方箋です。

Photographs by OHTAKI Kaku|Text by TSUCHIDA Takashi

ホンモノな人って、どうしてホンモノになるのか? それはきっとホンモノの人に認められるからではないでしょうか? 音楽は音楽。デザインはデザイン、写真は写真。“似た者同士”なんて、言葉にすると薄っぺらいけど、両者はピンとくるんでしょう。そうやって彼女は、かのチック・コリアにピンとこられた。

それは彼女がラッキーだったからではありません。もしもチック・コリアからピンとこられなくたって、同等の偉人から遅かれ早かれピックアップされていたはずです。上原ひろみさんの音楽は、看過されざるものなのです。なぜか?

***

――2016年の全米チャート1位獲得をはじめ、世界中が上原さんに注目している状況を、ご自身ではどう感じていらっしゃいますか?

上原 デビューした頃に比べると、自分のライブを見に来てくださるお客さまがすごく増えました。そういう意味では、何か信じられないような、でも現実だなと思っています。

――今回、ソロアルバムとしては10年ぶりのリリースとなりましたが、10年ぶりだった理由は何でしょうか?

上原 自分のピアノのまっさらな記録として最低でも10年に1枚はソロピアノアルバムを残したいと思っていたんです。そしたら10年がアッという間に経ってしまって、結局、本当に10年に1枚になってしまったんですけど(笑)。

――“まっさらな記録”とは、どういうことですか?

上原 ピアノの音が隅から隅まですべて聴こえるような。ピアニスト冥利に尽きるセッティングがソロだと思うので。自分の記録として残したい、ということです。

――今回のアルバム『Spectrum』というタイトルが、音楽なのに色彩の名前がついてますよね。聴覚で勝負するアイテムを視覚で例えていて面白いですね。

上原 “音”と“色”って、密接に関係してるっていう感覚を持ったのは、まだ小さかった頃です。当時のピアノの先生は、楽譜に色鉛筆で色を塗る方でした。激しく弾くところは赤で塗ったり、悲しげに弾くところは青で塗ったり。

わたしは、ピアノを弾き始めて34年になりますが、弾けば弾くほど、自分の音色がドンドン増えていくように感じます。自分のパレットにグラデーションが増えていく感覚です。青だったら、それが深い青だとか濃い青だとかになっていくような。

――いま自分でメモを取っていて気が付いたんですけど、「音色」って“色”って言いますね。改めて日本語に気づいてしまいました。

上原 そうなんです。オンショクと書いて、音色なんです。
――上原さんにとって音楽の楽しさ、ジャズの楽しさってどういうものなんでしょうか?

上原 単純にピアノという楽器が好きなんです。弾けば弾くほど発見もあります。そして即興演奏が好き。その時、感じたことを音にして紡いでいくのがとてもスリリングです。

――スリリング? それは即興の中で、何らかの発見があるからスリリングなのでしょうか?

上原 そうです。今日はどういう方向に行くかっていうのが、弾いてみないとわからないので、冒険みたいな感じです。

――上原さんがジャズに出合ったキッカケは、ピアノの先生のお宅でレコードをご覧になったことだったと伺いました。その後どういう風にしてジャズにのめり込んでいったんですか?

上原 ジャズ・ピアニストになろうと決めたことは一度もありませんし、今も特にそう思っていないです。ただ8歳のときにエロル・ガーナーとオスカー・ピーターソンを聴いて、「すごく自由な音楽で、すごく楽しいな」と感じました。それからいろんなジャズのレコードを聴くようになりました。

でも当時もジャズだけじゃなくて、いろんな音楽を聴きました。ただ自分が心を惹かれたのは、即興演奏の部分だったんだと思っています。

上原ひろみ『Spectrum』通常盤2600円+税

1.カレイドスコープ|2.ホワイトアウト|3.イエロー・ワーリッツァー・ブルース|4.スペクトラム|5.ブラックバード|6.ミスター・C.C.|7.ワンス・イン・ア・ブルー・ムーン|8.ラプソティ・イン・ヴァリアス・シェイズ・オブ・ブルー|9.セピア・エフェクト
18 件
                      
Photo Gallery