祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.36 FPM 田中知之さん(中編)

祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.36 FPM 田中知之さん(中編)

祐真朋樹対談

Page. 1

前回に引き続き、今回もゲストにFPM=Fantastic Plastic Machine(ファンタスティック・プラスチック・マシーン)の田中知之さんをお迎えして、祐真編集大魔王とトークを繰り広げます。ご自身のキャリアを振り返りながら、90年代半ばのデビュー当時の華やかなエピソードの数々をお話しいただきました。

Interview by SUKEZANE TomokiPhotographs by MAEDA AkiraText by ANDO Sara (OPENERS)

レコードを買い漁る日々の中、突然舞い込んだデビューのオファー

祐真朋樹・編集大魔王(以下、祐真)1994年に京都で行われたイベントにテイさん※1を呼んだ時は、色々とつてがあったんですか?

田中知之さん(以下、田中)それがまったくなかったんです。90年にライカに就職して初めての給料をもらった4月末日に、梅田のウェーブ※2に行ったんですよ。

祐真  おお、ウェーブ(笑)。

田中  そこでディー・ライト※3のデビュー12インチシングル「GROOVE IS IN THE HEART※4」が売っていて。

祐真  ありましたね、紫色のジャケットの。

田中  そうそう、それを買ったんですよ。「これはすごいぞ!」と。そこからずっとディー・ライトのファンだったというだけで。

祐真  イベントには、テイさんお一人で来てくれたんですか?

田中  はい。でも当日テイさんが「GROOVE IS IN THE HEARTのレコードを持ってくるの忘れたんだよねー」とのことだったので、僕が初任給で買ったのをお貸しして、それをかけられていました。

祐真  それは嬉しいですね。イベントはどこで行われたんですか?

田中  それは京都の遷都1200年のイベントで、御池か、丸太町の烏丸だったか忘れてしまったのですが、銀行跡地みたいなところに特設会場を作ってました。古い建物をその日だけ使ってでかいパーティをやったんです。

祐真  その頃には、田中さんもDJをされていたということですが、その後もDJでやっていこうっていう気持ちはあったんですか?

田中  正直、そこまででもなかったのですが、当時レアグルーブムーブメント※5が盛り上がっていて、レコード屋さんで見たことのないレコードを買って「世界中で誰も知らない音楽を俺が探してやるぞ!」みたいな気持ちはありましたね。当時のいろんなDJが同じ気持ちだったと思います。

祐真  競争ですよね。

田中  そういう時代でしたから。東京でもソウルとかファンクとか、ディスコなど王道のレアグルーブではないレコードを集める動きはありましたが、僕らは京都を中心に活動していたので、圧倒的にライバルが少なかった。京都とか大阪とか神戸にいいレコード屋さんがたくさんあったんですよ。

祐真  その当時、京都で一番好きなレコード屋はどこだったんですか?

田中  京都にももちろんいくつかあるんですけど、大阪のディスクジェイジェイ※6と神戸のハックルベリー※7が好きでした。レコードを見つけては試聴させてくださいって頼んで。試聴させてもらえないものは思い切ってジャケ買いをしていました。当たるも八卦、当たらぬも八卦みたいな感覚でレコードを買い続けていたら、どんどん溜まって2万枚ぐらいになって家の底が抜けかけました(笑)。

祐真  (笑)。ノンジャンルでレコードをチョイスしていたんですか?

田中  はい。ヒップホップの誰々があの曲のネタに使った、と急にレコードの値段が上がることがしょっちゅうあって。僕は当時からへそ曲がりだったので、そういう値が上がってしまったものには興味がなかった。誰もネタに使っていない、誰も重宝がらないレコードってなんだろうと考えた末、映画のサントラだったりムードミュージックだったりボサノバだったり、いわゆるライブラリーといわれる、ラジオやテレビ番組のBGM用のレコードに行き着いたんです。それらを片っ端から買ってはサンプリングして音を作り出していました。

祐真  そこからデビューへはどうつながっていったんですか?

田中  メトロの木曜帯でレギュラーのパーティをやったり、それ以外のクラブでもイベントをやったりするうちに、テイさんやピチカートの小西さん※8コモエスタ八重樫さん※9など、京都以外のゲストを招く機会が増えていきました。その頃、既に海外のイベントなどでも活躍されていた小西さんやテイさんが、現地のDJや音楽好きの人たちに「サウンド・イムポッシブルっていう面白い奴らがいるから、京都に行くことがあったら連絡してみたら」と僕らの連絡先を教えてくれていたんです。

祐真  紹介してくれたんですね。

田中  はい。僕らのことをいい具合に宣伝してくれていたんですよ。当時はメールなんてなかったので「今度、京都に行くから会おう」って突然、ベルリンやアムステルダム、イギリスのDJたちからファックスが来たりして。彼らが来日した際にはDJをしてもらうなど交流を続けていると、僕がまだ東京に行く前の95年のある時、ドイツのル・ハモンド・インフェルノ※10っていう2人組のDJに「ベルリンでレーベルを作ることになったから、リリースしてやるよ!」って言ってもらえて、いきなりヨーロッパデビューが決まったんです。まだ2、3曲ぐらいしかデモを作ってなかったのに(笑)。

祐真  すごい!

田中  ありがたい話ですよね。阪神大震災が起こったあの瞬間にも、祐真さんに取材に来ていただいた僕の京都の家で、友達と一緒にチープな機材で音楽をサンプリングで作り始めていました。そうして作ったデモをテイさんや小西さんに渡していたら、小西さんが僕の作った「ジェット機のハウス」という曲を気に入ってくださって、「ロマンティーク’96」※11にそのまま収録されることになったんです。

Page02. 海外に広がった渋谷系ブームとその終焉を間近で体験した90年代



※1 テイさん
日本のDJ/音楽プロデューサー/アーティストのテイ・トウワ氏

※2 ウェーブ
80〜90年代に人気を博したレコードショップ

※3 ディー・ライト
アメリカのハウス/ダンス・ミュージック・グループ。結成当初は「Dee-Lite」だったが、テイ・トウワ氏が加入してからは「Deee-Lite」と表記する様になった。テイ氏が脱退した2年後の96年に活動を停止した

※4 GROOVE IS IN THE HEART
全米4位の大ヒットを記録した、ディー・ライトのデビュー曲「グルーヴ・イズ・イン・ザ・ハート」。横浜出身のテイ・トウワ氏の存在もあり、日本のマスコミでも大きく取り上げられた。2000年には映画版『チャーリーズ・エンジェル』のサウンドトラック盤に収録されたことでリバイバルヒットした

※5 レアグルーブムーブメント
1980年代後半に、音楽ジャーナリズムやディスコ、クラブを中心に注目されるようになったムーブメント。直訳すると「rare groove=珍しいグルーブ」で、インターネットが登場する以前の“見つけ難い音楽”という意味を持つ

※6 ディスクジェイジェイ
「いい品をより安く品揃え豊富」をモットーに、現在日本橋本店と梅田新館の2店舗を構える、大阪の中古レコード専門店DISC J.J.。ジャズ、ロックをメインにCD、LP、12inch、LD、DVDオールジャンル取り扱う大型店

※7 ハックルベリー
ロック、ソウル、ジャズ中心にオールジャンル取り扱う、安さが魅力の神戸の老舗中古レコード専門店。アイドルの7inch、ブラジル、タンゴやレゲエも取り揃える

※8 ピチカートの小西さん
日本の音楽家の小西康陽氏。1984年から2001年まで活動していた日本の音楽グループ、ピチカート・ファイヴ(PIZZICATO FIVE)のメンバー

※9 コモエスタ八重樫さん
日本のDJ/プロデューサー/ライターのコモエスタ八重樫氏。東京パノラママンボボーイズのメンバーとしても人気

※10 ル・ハモンド・インフェルノ
ドイツ・ベルリンの人気DJデュオ。日本の渋谷系音楽をドイツに紹介したと言われる。音楽レーベルbungalow主宰

※11 ロマンティーク’96
1995年9月30日に発売されたピチカート・ファイヴ通算9作目のスタジオ・アルバム

ABOUT
SUKEZANE Tomoki

1965年京都市生まれ。(株)マガジンハウスのPOPEYE編集部でファッションエディターとしてのキャリアをスタ […]