ジャガーのステーションワゴン「XFスポーツブレーク」を試す|Jaguar

ジャガーのステーションワゴン「XFスポーツブレーク」を試す|Jaguar

CAR IMPRESSION

Jaguar XF Sportbrake|ジャガー XF スポーツブレーク

ジャガー「XFスポーツブレーク」を試す

ミッドサイズサルーン「XF」の、ステーションワゴンモデル「XFスポーツブレーク」が追加された。サルーン、スポーツクーペ、SUVに続くボディタイプとして、ジャガー ランドローバー ジャパンが発売したばかりのモデルだ。この最新モデルに小川フミオ氏がポルトガルにおいて先行試乗した。

Text by OGAWA Fumio

スポーティさとエレガントさを兼ね備える

ジャガーが「XF」をベースに開発したスポーティなステーションワゴン、その名も「XFスポーツブレーク」を発表。2017年10月にポルトガルで試乗会を開催した。

SUVにマーケットシェアを奪われている感もあるステーションワゴンだが、日本をはじめいくつかのマーケットでは依然人気が高い。

ステーションワゴンの魅力は、車高を抑えているゆえの使いやすさが大きい。

最たるものはセダンと同様の乗り心地のよさだ。サスペンションの動きが制約されにくいため、快適である。

s_018_Jaguar_XF_Sportbrake

もうひとつ、とくに東京のような市街地で使う際にタワー式の駐車場を使いやすい点もステーションワゴンの扱いやすさである。セダンと同等に使えて、長尺物など運びやすい。

さらにもうひとつ、ジャガー XFスポーツブレークにはスタイリッシュであるという魅力がある。低くかまえたスタンスをはじめ、前後長が長いルーフと、美しいウィンドウグラフィクスが端的な例だ。

s_039_Jaguar_XF_Sportbrake
s_020_Jaguar_XF_Sportbrake

「デザインにあたってはプロファイル(側面)をスポーティにすることに心を砕きました」。試乗会のときのメーカーによるプレゼンテーションの席上でデザインを統括したウェイン・バージェス氏はそう語った。

「もっとも気をつかったのはルーフのカーブです。スポイラーと一体化していますが、ここはスポーティになりすぎずエレガントさを意識するようにしました」

もうひとつ自慢したいのはサイドウィンドウのグラフィクスですとバージェス氏は続ける。「セダンをベースにステーションワゴンを作るときどこかに破綻が出がちです。XFスポーツブレークは自然にうまく出来たと自負しています」。