ジャガー初のEV「Iペース」がワールドプレミア|Jaguar

ジャガー初のEV「Iペース」がワールドプレミア|Jaguar

CAR NEWS

Jaguar I-Pace Concept|ジャガー Iペース コンセプト

ジャガー初のEV「Iペース」がワールドプレミア

ジャガー・ランドローバーは現地時間15日、ロサンゼルスモーターショーのプレビューイベントで電気自動車のSUV「Iペース」コンセプトを発表した。市販車は2018年に発売する予定という。

Text by YANAKA Tomomi

2つの電気モーターが最高出力400ps、最大トルク700Nmを発生

ロサンゼルスモーターショーのプレビューイベントとしてロサンゼルスとロンドンの2会場でVR(ヴァーチャル・リアリティ)を使って初披露されたジャガー初のEV「Iペース」コンセプト。

デザインは、デザイン・ディレクターのイアン・カラムらの手によっておこなわれ、SUVルックでありながら「Fペース」ともまたちがったものとなった。

Jaguar I-Pace Concept|ジャガー Iペース コンセプト 033Jaguar I-Pace Concept|ジャガー Iペース コンセプト
Jaguar I-Pace Concept|ジャガー Iペース コンセプト 033Jaguar I-Pace Concept|ジャガー Iペース コンセプト

パワートレーンは、2つの電気モーターを搭載。最高出力400ps、最大トルクは「Fタイプ SVR」にも匹敵する700Nmを発生するとともに、駆動方式は4WDとなり、0-60mph(0-96km/h)加速は4秒を記録するとアナウンス。また90kWhのリチウムイオンバッテリーパックを採用し、フル充電による航続距離は500kmになるとジャガーでは謳う。

また急速充電をする場合、50kW直流充電器を使用すれば90分で80パーセントの充電が可能となり、追加2時間でフル充電になるそう。一般家庭などにおいては、一晩プラグから充電すれば約50km以上走行することが可能となるという。

インテリアには、2つのタッチスクリーンが備えられ、定員は5人となる。

Iペースコンセプトは11月16日から開幕するロサンゼルスモーターショーでワールドプレミアされ、市販化は2018年の予定という。