ジャガーの新コンパクトSUV「Eペイス」とは|Jaguar

ジャガーの新コンパクトSUV「Eペイス」とは|Jaguar

Jaguar E-Pace First Edition

CAR FEATURES

Jaguar E-Pace|ジャガー Eペイス

ジャガーの新コンパクトSUV「Eペイス」とは

ジャガーが、初のSUV「Fペイス」に続いて発表した「Eペイス」。英国ブランドが放つ第2のSUVとはどのようなモデルなのか。本国で実物を目の当たりにした河村康彦氏がお伝えする。

Text by KAWAURA Yasuhiko

スポーツカー ブランドに原点回帰

輸入車と言えばドイツのブランド──そんなイメージが拭えない日本の自動車界にあって、このところ着実に存在感を増しつつあるのがジャガー発の最新作品群。

商品力の低下や品質問題などから、一時は存亡の危機にさえ見舞われたのがこのブランド。が、かつての親会社である米国フォードの手を離れ、インドのタタ・モーターズの傘下に収まった2000年代の後期以降、この歴史ある英国ブランドは復調の兆しが明確だ。

s_037_Jaguar_E_Pace

Jaguar E-Pace First Edition

s_039_Jaguar_E_Pace

そうした好調さの要は、やはりまずはその商品そのものにあると言ってよさそう。フォード車とのハードウェア共有化など、かつてのしがらみから解き放たれた最近のジャガーの作品は客観的に見ても、多くの人から「大いに魅力的になった」と感じられる仕上がりであるはずだ。

中には、「歴史と伝統が前面に押し出された、かつてのようなジェントルな雰囲気こそがジャガーの神髄」と考える人も少なからず存在はしそう。一方で、例えそうしたかねてからのファンの想いとは一部対峙をすることになってでも、新しい顧客層を開拓していかない限り自らに未来はない――と、そんな不退転の覚悟すらが感じられるのが、このところのこのブランドから生み出される商品と言っても過言ではないように思う。

s_008_Jaguar_E_Pace

E-Paceはワールドプレミアで270度回転しながら15.3メートルをジャンプする「バレル ロール」を披露した

s_022_Jaguar_E_Pace

15.3メートルのバレル ロールはギネス世界記録

かくして、新生ジャガーがまず取り組んだのは、自身のヒストリーを引き合いに、そもそもは“スポーツカーブランド”であることを改めてアピールするという戦略。

例えば、2010年にフルモデルチェンジを行って現行型となったフラッグシップサルーンである「XJ」の変わりようや、永らく途絶えていた2シーターのピュアスポーツカーを、2012年にブランニューモデルの「Fタイプ」としてローンチしたことを見れば、そんなスタンスは明らかであるもの。

そして、そんな新たなる考え方に基づいて開発をされてきた作品が、このところいよいよ“収穫期”を迎えているのがジャガーの現状であるわけだ。