新型アウディRS3に試乗|Audi

新型アウディRS3に試乗|Audi

CAR IMPRESSION

Audi RS3 Sedan|アウディ RS3 セダン

Audi RS3 Sportback|アウディ RS3 スポーツバック

新型アウディRS3に試乗

アウディの量販モデル「A3」ファミリーに、先ごろ日本でもモータースポーツ向けチャンネルとして発表された「アウディスポーツ」がエンジニアリングを施し、スポーツモデルとして仕上げたのが「RS3」。その最新モデルは、4ドアの「RS3 セダン」が昨年秋のパリモーターショーで、5ドアハッチの「RS3 スポーツバック」が先のジュネーブショーで発表されたばかりだ。直列5気筒という独特のエンジンを搭載するこのホットハッチを、河村康彦氏がオマーンで試乗した。

Text by KAWAMURA Yasuhiko

激戦区のホットなコンパクトカー市場

昨年フルモデルチェンジを行って5代目となった「A4」シリーズとともに、アウディラインナップの基盤を固めるのが、1996年に初代モデルが登場し、すでに20年以上の歴史を持つ「A3」シリーズ。そのホッテストバージョンであり、シリーズの若々しいキャラクターを牽引するイメージリーダー的役割をも担ってきたのが、2015年春に開催されたジュネーブショーで初披露をされた、「RS3」だ。

「コンパクトプレミアムクラスでは最もパワフル」というフレーズとともにローンチをされたこのモデルは、同じ“RS”の記号が与えられたアウディ車たちと同様、特別にハイパフォーマンスなバージョンを手掛ける当時のクワトロ社が、開発と生産を担当する1台としてとびきり高い存在感を放ってきたもの。

s_s_11_084AudiRS3_02
s_s_16_087AudiRS3_02

しかし、日本車のなかにはライバル知らずであっても、実はヨーロッパではなかなかの“激戦区”ということになるのが、RS3が身を置くカテゴリー。例えば、メルセデスAMG「A 45 4マティック」シリーズや、BMWブランニュー モデル「M2クーペ」などが、性能面や価格面から「直接のコンペティター」といってもいい存在として挙げられる。

そうしたなかで、改めて優位な戦いを繰り広げるべく新たなカンフル剤が打たれたのが、前出クワトロ社改め、昨年末に“アウディ スポーツ社”と名を変えたアウディの高性能車部門が手掛ける、ここに紹介する最新のRS3。その大きなトピックは、「新開発エンジン搭載による大幅なパフォーマンスのアップ」と、「セダンボディの新投入」という2つに集約をされる。