アウディ RS3 スポーツバックに試乗|Audi

アウディ RS3 スポーツバックに試乗|Audi

CAR IMPRESSION

Audi RS3 Sportback|アウディ RS3 スポーツバック

車体はコンパクト、与えてくれる喜びはビッグ

「A3」をベースにアウディのレーシング部門であるクワトロGmbHが開発した「RS 3スポーツバック」。現代のホットハッチともいえる同モデルに、小川フミオ氏が試乗した。

Photographs by ARAKAWA MasayukiText by OGAWA Fumio

アウディのレーシング部門「クワトロGmbH」が開発

アウディ「RS3スポーツバック」は2015年10月に発売されコンパクトプレミアムだ。このカテゴリーでは最もパワフル、が謳い文句である。270kW(367ps)のハイパワーエンジンに、フルタイム4輪駆動システム。操縦すると、楽しさは抜群だ。

本国では2代目になるアウディRS3。日本には初上陸となる。「A3」をベースに、アウディのレーシング部門であるクワトロGmbHが開発を担当した。エンジンは2.5リッター5気筒。2009年のアウディ「TT RS」で採用され、「RS Q3」にも搭載されているスポーティなユニットだ。

Audi RS3 Sportback|アウディ RS3 スポーツバック
Audi RS3 Sportback|アウディ RS3 スポーツバック

前から見て目を惹くのは、大型エアダム、大きくふくらんだフロントフェンダー、それに、グロスブラック仕上げのハニカムパターンにRS3のバッジを備えたフロントグリル。RSモデルあることを示すツヤ消し加工のクロームのケースをもつサイドミラーも特徴的だ。

車高は標準モデルより25mm落とされ、トレッドは前後ともに拡大。サスペンションも取り付け部の剛性が見直されるなど、足回りの強化も謳われている。エンジンはコンパクトにまとまり、かつ軽量。それでいて耐久性に優れるとアウディではしており、中身はしっかりスポーティである。

RS3スポーツバックは見た目からの期待を裏切らない。いちどハンドルを握れば、期待以上だと分かる。1,625rpmから465Nmの大トルクが出はじめ、5,500rpmという広いバンドで、その力が味わえる。静止から100km/hまで加速するのにわずか4.3秒というのもうなずける加速感だ。最高出力は5,500-6,800rpmで得られる。どこまでもパワーが伸びていく感覚を体験できるのだ。

RS3スポーツバックの魅力は、加速だけではない。