BMW M2 クーペに試乗|BMW

BMW M2 クーペに試乗|BMW

ロングビーチブルーと呼ばれる車体色

CAR IMPRESSION

BMW M2 Coupe|ビー・エム・ダブリュー M2 クーペ

BMW M2 クーペに試乗

4人乗れるポルシェ718ケイマンが欲しい人に

2016年5月に日本に導入されたコンパクトFRスポーツカー、BMW「M2 クーペ」。Mモデルのランナップ中、もっともコンパクトな同車に試乗した。

Text by OGAWA FumioPhotographs by ARAKAWA Masayuki

目がさめるようなドライブの楽しさを味わわせてくれる

BMWはスポーティセダンのブランドである。そう信じてきたファンが快哉を叫びたくなるモデルが、「M2クーペ」だ。全長4,475mmの比較的コンパクトな2ドアボディに、272kW(370ps)の3リッター直列6気筒エンジンを搭載。目がさめるようなドライブの楽しさを味わわせてくれる。

2016年5月に日本発売されたM2クーペ。スタイリッシュな2ドアクーペである2シリーズ クーペには「220iクーペ」と「M240クーペ」がラインナップされている。そこにイメージ的には連なるが、スポーティさにおいて群を抜くスペシャルなモデルだ。

2,979ccの直列6気筒エンジンはM240クーペと基本的に同じだが、パワーが22kW上がっている。数値もさることながらなにより構成パーツが異なり、M2クーペ用に最適化されているのだ。

BMW M2 Coupe|ビー・エム・ダブリュー M2 クーペ

ボディサイズは全長×全幅×全高=4,475×1,855×1,410mm

BMW M2 Coupe|ビー・エム・ダブリュー M2 クーペ

M2 クーペとM240iクーペの違いを簡単にいうと、前者は「激しい加減速を行うサーキット走行においても最高のパフォーマンスを発揮」(BMWジャパン)するために開発されているとなる。エンジンやサスペンションが別物。数値の違いをはるかに超えた仕上がりなのだ。

具体的には、低フリクションのトップリングを組み込んだピストン、「M4 クーペ」と共用のクランクシャフトのメイン ベアリングやスパーク プラグ。さらにサーキット走行を前提に設計されたエンジン冷却ラジエターとトランスミッション オイルクーラー、オイルサンプ カバーとサクション オイルポンプの採用もM2クーペ専用だ。

サスペンション システムもM2 クーペ用パーツで構成される。フロントでは、コントロール アーム、ホイール キャリア、アクスル キャリアが軽量アルミニウム製に。スチール製に比べ約5kgの軽量化という。いっぽうリアは、コントロール アームとホイール キャリアすべてが鍛造アルミニウム製だ。スチール製に比べ約3kgの軽量化。

これらによって「優れた剛性とバネ下重量の軽量化を実現」(BMWのプレスリリース)と謳われる。

BMW M2 Coupe|ビー・エム・ダブリュー M2 クーペ

ホイールベースは意外に長く2695mm

BMW M2 Coupe|ビー・エム・ダブリュー M2 クーペ

タイヤサイズは前が245/35R19、後ろが265/35R19

もうひとつ見逃せないのが「アクティブ M ディファレンシャル」だ。左右後輪にパワー配分する差動装置を積極的にコントロール。具体的には電子制御式多板クラッチによりリアの左右ホイール間のロッキングファクターを0から100パーセントまで自在に調整する。

例えば旋回時に内輪の接地性が悪くなり外輪へもトルク伝達が妨げられるような事態になることを回避できる。車速、アクセル開度、ホイールの回転速度、ヨーレートなどがパラメーター。システムの介入が必要となる運転状況を前もって察知する。あらゆる走行状況において最適なエンジンパワーを路面に伝達することが可能という。

走らせた印象はとにかく驚くほどだ。