アウディ、RS 3 スポーツバックをジュネーブでワールドプレミア|Audi

アウディ、RS 3 スポーツバックをジュネーブでワールドプレミア|Audi

CAR NEWS

Audi RS 3 Sportback|アウディ RS 3 スポーツバック

アウディ、RS 3 スポーツバックをジュネーブでワールドプレミア

アウディは開催中のジュネーブモーターショーで、A3シリーズの頂点に立つスポーツモデル「RS 3 スポーツバック」をはじめて披露した。

Text by AKIZUKI Shinichiro(OPENERS)

最高出力は先代比プラス27psの367ps

アウディは、「A3」シリーズのなかでもっともパワフルなバージョンとなる「RS 3 スポーツバック」を、現在開催中のジュネーブモーターショーで初披露した。

開発をおこなったのは「RS 7」「RS Q3」など、他のRSシリーズとおなじく、いまやお馴染みとなったアウディの子会社、クワトロGmbH。“RS”は、BMWにおける「M」や、メルセデス・ベンツにおける「AMG」に並ぶ、アウディにおけるハイパフォーマンスモデルという立ち位置だ。

RS 3 スポーツバックのために用意されたパワーユニットは、先代同様、直4でもV6でもない直列5気筒のターボ。1980年代にモータースポーツを賑わせた「アウディ クワトロ」にも搭載された、アウディ伝統のテクノロジーを受け継ぐエンジンだ。最近では先代「TT」のホットバージョン、「TT RS」にも採用されている。

最高出力は先代比プラス27psの367ps(270kW)、最大トルクはプラス15Nmとなる465Nm(47.4kgm)を1,625rpmの低回転から5,400rpmまでの幅広い域で発生させ、0-100km/h加速は先代より0.3秒速い4.3秒という強烈な加速を実現。最高速度はリミッター解除させることで280km/hにまで達する。

伝統の直列5気筒ターボとはいえ、ガソリン直噴システムとターボチャージャーの組み合わせによってハイパワーかつ高効率を実現する、アウディ最新のTFSIテクノロジーが搭載されていることは言うまでもない。燃費は欧州NEDCモードで8.1リッター/100km(およそ12.3km/リッター)、CO2排出量は189 g/kmという数値で、欧州の排気ガス規制「Euro 6」をクリア。この手のモデルとしては大健闘といえるだろう。

トランスミッションは、7段Sトロニック(デュアルクラッチ)が用意され、直列5気筒ターボエンジンから生み出されるパワーは、4輪駆動システム「クワトロ」を介して前後輪に伝達される。前後アクスルへの出力比は状況に応じて変動し、後輪には全出力の50パーセントから100パーセントを配分。電子制御によるトルクベクタリング機能も備わり、先代よりもさらにドリフタビリティを高めたクルマに仕上がったとアウディは説明する。