Why not? なぜセダンに乗らなくちゃいけないのか

Why not? なぜセダンに乗らなくちゃいけないのか

CAR IMPRESSION

BMW 340i|ビー・エム・ダブリュー 340i

Mercedes-Benz C350e|メルセデス・ベンツ C 350 e

Maserati Ghibli S Q4|マセラティ・ギブリS Q4

Why not? なぜセダンに乗らなくちゃいけないのか

充実する輸入車のラインナップのなかで、小川フミオ氏が“自分好みの選択をしよう”と提案する「Why not?」。第2段はオーソドックスな形態ながら、エコ、スポーティ、ラグジュアリーなどさまざまに個性豊かなラインナップが揃うセダンたちだ。

Why not? なぜスポーツカーに乗らなくちゃいけないのか

Text by OGAWA FumioPhotographs by ARAKAWA Masayuki

限りなくスポーツカー的なセダン

なぜアウディA4 2.0TFSIクワトロじゃいけないのか ―― BMW340i

シルキーシックス。かつてBMWの作る直列6気筒エンジンはこう呼ばれていた。絹の手触りを連想するぐらいスムーズな回転マナーを持つと言われていたのだ。セダンといえば、通常、室内の広さとか乗り心地がとりさたされるもの、なのに、エンジンが最も大事だなんて。こんな自動車メーカー、ほかにあるだろうか。

新型BMW「340i」に乗ると“伝統”は健在だとすぐ分かる。3リッター直列6気筒エンジンは新開発されたもので、ターボがつくことでパワーは先代(335i)より20馬力上がっている。同時に、燃費効率も重視されているのが特徴だ。

BMW 340i|ビー・エム・ダブリュー 340i
BMW 340i|ビー・エム・ダブリュー 340i

BMW 3シリーズは今や(欧州では)3気筒搭載モデルまで登場。欧州委員会によるCO2規制に対応して好燃費を追求するためだ。このモデルは未体験だが、2リッターの4気筒モデルもいい出来だ。力がたっぷりあって、スポーティなハンドリングを持つキャラクターとぴったり合っている。

どうせ3シリーズに乗るなら、と考えている人には、BMW 340iを勧める。先にも触れたように、カーブでのシャープな身のこなしなどスポーティさを、快適性とうまく両立させた設定が3シリーズの魅力なのだが、6気筒のよさは圧倒的だ。

クルマはエンジンだ、という言説が、自動車ジャーナリズムの世界にあり、昨今のダウンサイジング化の流れのなかで死語になっていた感がある。しかしBMW 340iは、その言葉を久しぶりに思い出させてくれた。後席にも余裕あるスペースを持つセダン(それとツーリングというステーションワゴン)でありながら、アクセルペダルを踏み込んでいくとレッドゾーンまで嫌な振動いっさいなしに気持ちよく回るエンジンを持つという、希有な組み合わせに感激する。

スポーティなセダンとしてのライバルには、新型アウディ「A4 2.0 TFSIクワトロ」がある。価格は340iの776万円に対して、A4 2.0 TFSIクワトロは597万円。エンジンは4気筒だし排気量も2リッターにとどまるが、ミラーサイクルという凝ったメカニズムゆえ、エンジンは低回転域からフレキシブルだし、車体の応答性にも優れる。なにより、かたやストレートシックス、かたやクワトロと、金看板もある勝負だ。

BMW 340i|ビー・エム・ダブリュー 340i

それでも、あえて書くなら、楽しめるうちに、このストレートシックスを味わったほうがいい。進化しているとはいえ、1968年に「2800」に(戦後)初搭載されて以来、BMWの名を世界中のクルマ好きに知らしめてきた直列6気筒だ。今回は新開発とはいえ、将来いつまでこのエンジンが楽しめるか分からない。ならば、ひょっとしたら、今が最高の時期かもしれない。

Why not? なぜスポーツカーに乗らなくちゃいけないのか