Cクラスのプラグインハイブリッドモデルが日本上陸|Mercedes-Benz

Cクラスのプラグインハイブリッドモデルが日本上陸|Mercedes-Benz

CAR NEWS

CAR NEWS

Mercedes-Benz C 350 e AVANTGARDE|メルセデス・ベンツ C 350 e アヴァンギャルド

プラグインハイブリッドモデルが日本上陸

メルセデス・ベンツ日本は、「Cクラス」ではじめてのプラグインハイブリッドモデル「C 350 eアバンギャルド」を追加。受注を開始した。

Text by YANAKA Tomomi

EVとして30kmの走行が可能

12月4日から開催の大阪モーターショーでジャパンプレミアされた「C 350 eアバンギャルド」。メルセデス・ベンツではSクラスにつづき、2番目のプラグインハイブリッドモデルとなる。

パワートレインは、「C 250 Sports」に搭載される最高出力155kW(155ps)、最大トルク350Nmの2.0リッター直4エンジンに、最高出力60kW(82ps)、最大トルク340NWを発生させ、ブースト機能も備わる電気モーターの組み合わせ。システム全体で250kW(279ps)/600Nmのパワーを発揮する。

Mercedes-Menz C350e アバンギャルド
Mercedes-Menz C350e アバンギャルド

6.2kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載しており、EVとしても約30kmの走行が可能。最高速度も130km/hとなり、市街地から高速道路までをEVモードで走ることもできる。このほかにも「E-SAVE」モードでは充電レベルを維持し、「CHARGE」モードでは走行しながらバッテリーを充電するという3つのモードから走り方を選択できる。充電時間はフル充電まで「CHARGE」モードでは約40分、AC200V電源使用で約4時間とのこと。

モデルラインナップは、セダンとステーションワゴンの2種類。JC08モード燃費はセダンが17.2km/ℓ、ステーションワゴンが16.5km/ℓとなり、価格は前者が707万円、後者が782万円。デリバリーは来年1月となるという。

問い合わせ先

メルセデスコール

0120-190-610