日本に上陸した新型A4に試乗|Audi

日本に上陸した新型A4に試乗|Audi

A4 2.0 TFSIクワトロ

CAR IMPRESSION

Audi A4|アウディ A4

日本に上陸した新型A4に試乗

明らかに進化したアウディのベストセラーカー

前身モデルとなる初代アウディ「80」からかぞえて9代目、「A4」としては4代目となる新型A4が、いよいよ日本に上陸した。日本市場におけるアウディの中核モデルたる同車にさっそく試乗した。

Text by OGAWA FumioPhotographs by ARAKAWA Masayuki

最新のプラットフォーム「MLBエボ」を採用

アウディのベストセラー、「A4」が2016年2月にフルモデルチェンジして日本発売された。今回は大きくいうと、前輪駆動の「A4 2.0TFSI」と、フルタイム4WDの「A4 2.0 TFSIクワトロ」の2本立て。それぞれに、スポーツサスペンションを組み込むなどした「スポーツ」というサブグレードが設定されている。

新型A4は、最新のエンジン縦置き用プラットフォームを採用しているのが特徴だ。おかげでサスペンションシステムも前後ともに5リンクと、新設計された。MLBエボと呼ばれる新プラットフォームは、軽量化と剛性アップを目指した新型A4の要で、同時にハンドリング性能の向上も謳われている。

Audi A4|アウディ A4

A4 2.0 TFSIクワトロ

Audi A4|アウディ A4

はたして操縦すると、明らかにA4は進化している。初代にあたるアウディ80が1974年に発表されていらい、その時どきの最新の技術を採用して設計されてきたA4。新型は開発者の目論見どおり(おそらく)、見事な出来である。

見事な出来というのは、ひとつには燃費がよくなったこと。もうひとつは安全技術が数多く採用されたこと。さらに加えて、スポーティな操縦性が向上したことも特筆すべきことだ。

乗ったのは、前輪駆動のA4 2.0TFSI(518万円)と、フルタイム4WDのA4 2.0TFSIクワトロ・スポーツ(624万円)。ひとことで言うと、ともに軽快で楽しい。前輪駆動版を、ナチュラルなドライブフィールと称賛する向きもあるが、俊足のクワトロもまた別の魅力に満ちている。

Audi A4|アウディ A4
Audi A4|アウディ A4

スタイリングは、鋭角的になったシングルフレームグリルに、やはりシャープな印象のヘッドランプ、そしてサイドのキャラクターラインと、アップデートされている。従来のスタイリングコンセプトの発展的なものということもできるが、それだけでこのクルマを評価してしまってはもったいない。