レクサス GS Fに試乗|LEXUS

レクサス GS Fに試乗|LEXUS

CAR IMPRESSION

LEXUS GS F|レクサス GS F

レクサス GS Fに試乗

今後のレクサスのあり方を象徴する1台

レクサスにおけるハイパフォーマンスモデルの証である「F」の名を冠し、2015年1月のデトロイトモーターショーでデビューした「GS F」。11月に日本でも発売された同車に、モータージャーナリスト大谷達也氏が富士スピードウェイで試乗した。

Text by OTANI TatsuyaPhotographs by ARAKAWA Masayuki

トヨタが変わったことでレクサスも大きく変貌しようとしている

はじめに厳しいことを書いてしまうと、これまでレクサスの走りに感心したことはあまりなかった。プレミアムブランドという割にボディ剛性はあまり高くなく、静粛性やハーシュネスの対処には長けていても足回りの設定は低速向きで、ステアリングフィールなどから運転している実感を得にくかった。だから「ちょっと高級なトヨタ車」という印象をどうしても拭いきれなかったのである。

そうしたなか、私にとって唯一の例外ともいえるモデルが2007年にデビューした「IS F」だった。富士スピードウェイの頭文字である“F”を冠したこのモデルは、BMW「3シリーズ」と同じDセグメント後輪駆動の「IS」にV8 5.0リッター エンジンを押し込んだハイパワーバージョンだが、ヨーロッパ生まれのライバルたちと遜色のないしっかりとしたボディと足回りが与えられていて、実に走り甲斐のあるモデルだった。

誤解のないように断っておくと、別にハイパフォーマンスだったからいいといっているのではない。ハイパフォーマンスであろうとなかろうと、ヨーロッパ車に負けないくらい高い志で走りを磨いていた。その心意気が、私の心を揺り動かしたのである。

LEXUS GS F|レクサス GS F
LEXUS GS F|レクサス GS F

同様の感慨を覚えた2番目のモデルは2014年デビューの「RC」と「RC F」。どちらもボディ剛性が高いうえに、しっかりと腰のあるサスペンションに仕上げられていて安心感が強い。また、この頃になると豊田章男社長が主張し続けてきた「いいクルマづくり」の具体的な成果がトヨタブランドの新型車にも見え始めていたので、RCとRC Fは同様の動きがレクサスにも起きていることを示唆するマイルストーン的モデルかもしれないと私なりに解釈していた。

新たに登場した「GS F」に試乗した今、その思いは確信に変わりつつある。トヨタが変わったことでレクサスも大きく変貌しようとしている。GS Fの完成度の高さは、その何よりの証拠だろう。