世界初! スマートフォンと連携する機械式時計「Type 2」|RESSENCE
WATCH & JEWELRY / WATCH NEWS
2019年10月19日

世界初! スマートフォンと連携する機械式時計「Type 2」|RESSENCE

RESSENCE|レッセンス

機械式時計に新たなイノベーションを搭載。タップで時刻を自動修正する「Type 2」

独創的な機構を開発・製造するベルギー発のウオッチメイカー、レッセンスより世界初となるスマートリュウズ“e-Crown®”を搭載した機械式時計「Type 2」がリリースされた。

Text by OZAKI Sayaka

機械式でありながらスマートウオッチの利便性を兼備したハイブリッドアイテム

「機械式時計をより素晴らしいものにする」というブランドの姿勢を体現した新作「Type 2」は、機械式時計として世界初のスマートリューズ“e-Crown®”を搭載。機械式でありながら、スマートフォンとの連携が可能で、視認性や使いやすさ、使用感といったプロダクトの特性をより魅力的に具現化したモデルだ。
この「Type 2」は、ミニマルかつ独創的なROCS(レッセンス・オービタル・コンベックス・システム)機構を背景に誕生した。このユニットは、軌道に乗って互いを追いかけるように常にダイアルが動き続け、針やダイアルを層状に重ねることによって、より高い視認性を確保するシステムだ。このユニークな機構に加え、スマートフォンと連携して必要なタイミングで自動的に時計を正しい時刻にセットおよび調整するスマートリュウズ“e-Crown®”が搭載され、機械式時計でありながら新たな視覚体験と優れた操作性が確保された。
“e-Crown®”は、サファイアクリスタル風防をタップすることで作動および調整される仕組み。ケースバックに配されたレバーを用いて時間調整を行なうと、セットされた時刻がe-Crown®によってデジタル的に登録され、自動的に時刻の調整などが実施される。仮に時計を3カ月装着しなかった場合でも、サファイアクリスタルをタップすれば、e-Crown®が正しい時刻を素早く表示してくれる。時計のムーブメントとは別に、時刻修正に使用されるのは電力。ダイアルに配された10個のマイクロシャッターの裏に隠されたソーラー電池のセルが外光を取り込み、時計単体での電力自給を実現する。

Type 2A、Type 2G
ムーブメント|自動巻きROCS2(レッセンス・オービタル・コンベックス・システム)モジュール(Cal.2892/A)
パワーリザーブ|36時間(e-Crown®としてのパワーリザーブは6カ月)※外光がエネルギー源となり、12時間使用しなければ自動的に停止する
ケース素材|チタニウム(グレード5)、アンスラサイトPVD加工
ケース径|45mm
防水|1気圧
価格|515万円(税別)
問い合わせ先

DKSH ジャパン
Tel.03-5441-4513
https://ressencewatches.com

                                
Photo Gallery