「マイスターシュテュック カリグラフィー コレクション」誕生|MONTBLANC
DESIGN / PRODUCT
2019年10月28日

「マイスターシュテュック カリグラフィー コレクション」誕生|MONTBLANC

MONTBLANC|モンブラン

太字も細字も思いのまま。カリグラフィーの芸術性をさらに高めるペン先を新開発

モンブランがカリグラフィーのために開発した「マイスターシュテュック カリグラフィー コレクション」をリリースした。

Text by YANAKA Tomomi

蒔絵や螺鈿を施し、京都の美を凝縮した限定モデルも

古代ギリシャ語の「美しい筆記-beautiful writing-」を語源とするカリグラフィー。さまざまな文明や大陸に起源を発するカリグラフィーは、今日では個性豊かな筆跡を残したいという愛好家に広まっている。
そんなカリグラフィーの芸術性をさらに高めるために、まったく新しいペン先「フレキシブルニブ」を開発したモンブラン。万年筆の魂ともいえるペン先(ニブ)にはモンブランの高度で熟練したクラフツマンシップが注ぎ込まれており、35もの工程と、それを監督する熟練した職人によりソリッドゴールドから手作業で掘り出され、形作られている。
やわらかなゴールドは、しなやかに曲がりやすく広がりやすいため、ペンにかかる圧力に応じて字の太さを0.3mmから1.4mmまで変化させることができ、より精巧で表現力豊かなカリグラフィーを実現するのだ。
今回発売されるモデルは3種類。モンブランの不朽の定番である「マイスターシュテュック イエローゴールド149」にもこのペン先が登場する。中世やルネッサンスの時代に王侯貴族たちが、カリグラフィーを光り輝く素材や金箔で装飾したように、キャップとボディに本物の金箔でリーフ(葉)が描かれた「マイスターシュテュック カリグラフィー ソリテール ラッカー&ゴールド エッジリーフ ル・グラン」は手作業のため1本1本ニュアンスが異なるのが特徴。華やかなりし時代を偲ばせる。
さらに「マイスターシュテュック カリグラフィー ソリテール蒔絵 リミテッドエディション88」は雅やかな京都の美意識を凝縮した限定モデル。1555年の創業以来、宮廷に着物を納めてきた京友禅の工房「千總」の掛け軸の意匠を蒔絵と螺鈿で贅沢に再現。まばゆい金粉と繊細な螺鈿が巧みにセッティングされ、長い時間をかけて完成させたという。デザインには、日本を象徴する春や秋の月が描かれ、ペン先には18Kローズゴールドにロジウム仕上げを施した「フレキシブルニブ」が搭載される。

マイスターシュテュック イエローゴールド149
価格|10万9000円

マイスターシュテュック カリグラフィー ソリテール ラッカー&ゴールド エッジリーフ ル・グラン
価格|20万7000円

マイスターシュテュック カリグラフィー ソリテール蒔絵リミテッドエディション
価格|367万2500円
問い合わせ先

モンブラン コンタクトセンター
Tel.0120-39-4810
https://www.montblanc.com

                      
Photo Gallery