ピエヒ元VW会長の名を冠したランボルギーニ初のハイブリッドカーを世界初披露|Lamborghini
CAR / NEWS
2019年9月12日

ピエヒ元VW会長の名を冠したランボルギーニ初のハイブリッドカーを世界初披露|Lamborghini

Lamborghini Sian FKP 37|ランボルギーニ シアン FKP 37

故ピエヒ会長の名を冠したランボルギーニ初のハイブリッドカーをワールドプレミア

ランボルギーニは9月10日(火)に開幕した「フランクフルトモーターショー(IAA)2019」で、ランボルギーニ初のハイブリッドスポーツカーの正式名称を、かつてフォルクスワーゲンの取締役会会長を務め、8月に逝去したフェルディナント・カール・ピエヒ博士の頭文字と生まれ年の下2桁をとった「シアンFKP37」とすることを発表し、世界初披露した。

Text by YANAKA Tomomi

●V12ランボルギーニ史上最小のパワーウェイトレシオで最高出力は819hp

ランボルギーニ初のハイブリッドスポーツカーとしてすでにデビューがアナウンスされていたモデルの正式名称が「シアンFKP37」に決まった。
もともとランボルギーニ本社があるボローニャ地方の方言で「稲妻の閃光」を意味していた「シアン」。さらに、ランボルギーニを傘下におさめるフォルクスワーゲンの元取締役会会長であり、エンジニアでもあった故フェルディナント・カール・ピエヒ氏がランボルギーニで象徴的なV12パワートレインを高く評価しており、彼が果たした功績をたたえ“FKP 37”の名が与えられた。

このV12エンジンとハイブリッドシステムを組み合わせた「シアンFKP37」は、ランボルギーニの初の電動化モデル。蓄電システムにはスーパーキャパシタを世界で初採用したほか、新素材などを使った独自のハイブリッドシステムにより、最高出力819hp(602kW)の出力を記録。V12ランボルギーニの中で史上最小のパワーウェイトレシオを実現しており、0-100km/h加速は2.8秒以内、最高速度は350km/h以上に達するという。
生産台数は63台限定で、価格は200万ユーロだがすでに完売しており、各オーナーが個別にカスタマイズして楽しむことができるという。

フランクフルトモーターショーのランボルギーニブースでは、このほかにも、SUV「ウルス」の2020年モデルや、アルカンターラ素材のパーソナライズプログラム「Ad Personam」が施された「ウラカン EVOスパイダー」「ウラカンEVOクーペ」なども展示されている。
問い合わせ先

ランボルギーニ
公式サイト
https://www.lamborghini.com/jp-en
公式facebook
https://www.facebook.com/LamborghiniJapan

                      
Photo Gallery