パリ モーターショーの現場から Vol.3|Mondial de l’Automobile 2014

パリ モーターショーの現場から Vol.3|Mondial de l’Automobile 2014

CAR NEWS

Mondial de l’Automobile 2014

パリ モーターショーの現場から Vol.3

前回の記事につづき、今月19日までフランス・パリで開催中のモーターショーの現場から、モータージャーナリストの小川フミオ氏によるレポートが到着。3回目となる今回は“スポーツカー”がテーマ。「メルセデス AMG GT」を発表したメルセデス・ベンツを筆頭に、フェラーリ、そして初となるプラグインハイブリッドスポーツを発表したランボルギーニまで、 モーターショーの最新トレンドをさぐる。

Text by OGAWA Fumio

パリ モーターショーの現場から Vol.1
パリ モーターショーの現場から Vol.2

 

高級スポーツカー市場に参入するメルセデス・ベンツ

パリには華やかなイメージがつきまとう。富裕層も世界中から多く集まる。そのため、高級車やスポーツカーが、パリの自動車ショーでは必ず耳目を集める。

周囲に大きな人垣を作っていたのが、メルセデス・ベンツがデビューさせた、「メルセデス AMG GT」なるスポーツカーだ。黄色のボディに、510psの新開発V8ターボユニットを搭載した軽量2シーターだ。そして隣にもこのAMG GT 譲りのV8ツインターボを得た「メルセデスAMG C 63」が置かれる。

「メルセデスAMGを世界でもっとも人気あるスポーツカーブランドにするのが私たちの目標。この2台のクルマはその道程でのマイルストーンになるでしょう」。メルセデス・ベンツの取締役会のメンバーであり研究開発を指揮するドクター・トマス・ウェバーはそう抱負を語っている。

327_06_mb_mercedes_amg_gt

Mercedes-AMG GT

Mercedes-AMG GT|メルセデス AMG GT 3

Mercedes-AMG GT

メルセデスAMG GTは、ボディシェルを含めた車体の93パーセントがアルミニウム製で、フロント部分はやはり軽量素材であるマグネシウムで出来ている。これによりスポーティな加速性とハンドリングを追求。ポルシェ「911」を向こうに回して高級スポーツカー市場に参入することになる。

up!」から「フェートン」まで幅広いラインナップを持ち、同時にスポーツカーや高級車メーカーを傘下におさめるフォルクスワーゲンとまた違うやりかたで、メルセデス・ベンツは将来に向けた生き残り策を探している印象だ。スポーツモデルにもつねに大排気量エンジンを用意するのが、プレミアムブランドたるゆえんなのか。排気量を縮小するダウンサイジング化が進むなかで、大きなエンジンこそある意味、ステイタスになっていくかもしれない。

もうひとつ、大きな話題を提供したスポーツカーメーカーがフェラーリだ。