PHEVのランボ「アステリオン LPI 910-4」を公開|Lamborghini

PHEVのランボ「アステリオン LPI 910-4」を公開|Lamborghini

CAR NEWS

Lamborghini Asterion LPI 910-4|ランボルギーニ アステリオン LPI 910-4

ランボルギーニ初のPHEV「アステリオン LPI 910-4」を公開

アウトモビリ・ランボルギーニは、パリ・モーターショーの開催にあわせておこなわれたフォルクスワーゲン グループの特別イベントで、同社初のプラグインハイブリッドとなるコンセプトカー、ランボルギーニ「アステリオン LPI 910-4」を初披露した。

Text by AKIZUKI Shinichiro(OPENERS)

900psオーバーのプラグインハイブリッド

パリ・モーターショーの前夜祭として開催されたフォルクスワーゲンナイトで、アウトモビリ・ランボルギーニは、同社初のプラグインハイブリッドカー(PHEV)となるランボルギーニ「アステリオン LPI 910-4」を発表した。

高出力ながら日常のドライブバビリティと快適性を実現し、あたらしいランボルギーニ エクスペリエンスを提供すると同社が謳う、このコンセプトモデルについてCEOを務めるステファン・ヴィンケルマン氏は「ランボルギーニは常に前を見据え、最新技術に投資をおこない、あたらしいベンチマークを設定し、予想を超えた製品をお届けする」と語る。

Lamborghini Asterion LPI 910-4|ランボルギーニ アステリオン LPI 910-4
Lamborghini Asterion LPI 910-4|ランボルギーニ アステリオン LPI 910-4

搭載されるパワートレインは、5.2リッターV型10気筒NAエンジンと3基の電気モーターによる組み合わせ。ミドに縦方向に配置されたエンジン単体で、560Nmの最大トルクと449kW(610ps)の最大出力を発揮し、これに出力220kW(300ps)の3基の電動モーターがくわわることで、ハイブリッドモードの合計出力は、最大669kW(910 ps)となる。

これはフラグシップモデル「アヴェンタドール LP 700-4」を210ps上まわり、「ラ フェラーリ」の963psに迫るものだ。もちろんこのフェラーリの特別モデルはV12エンジを搭載する。

ランボルギーニはこのアステリオンで、“魅力的で感動を与えるランボルギーニの走行体験を維持しながらも、CO2排出量を大幅に削減すること”を目的のひとつとしているが、それはCO2排出量98g/kmという他社を圧倒する数値をもって達成されたという。アステリオンは、EVモードのみでも50kmの距離を走行可能とし、燃費はヨーロッパの複合サイクル(NEDC)で、100km当たりわずかに4.12リットル(24.27km/ℓ)だ。