パリ モーターショーの現場から Vol.2|Mondial de l’Automobile 2014

パリ モーターショーの現場から Vol.2|Mondial de l’Automobile 2014

CAR NEWS

Mondial de l’Automobile 2014

パリ モーターショーの現場から Vol.2

世界的なモーターショーのひとつであり、現在フランスで開催中のパリ モーターショーの現場から、モータージャーナリストの小川フミオ氏がレポート。その第2段は、フランスのビッグスリーといわれる、プジョー、シトロエン、ルノーをはじめ、多くのブランドが開発にしのぎを削る、いまもっとも競争の激しいカテゴリーのひとつ“小型車”について。

Text by OGAWA Fumio

パリの路上から

自動車の都はどこだろう。ひとつは、パリかもしれない。街中の狭い道には小さなハッチバックがひしめくいっぽう、バカンスには家族でクルマで出かけ(週末に地方まで美食を楽しむなんてドライブもある)、社交界では大型高級車がよく売れる。

フェラーリもかつては、ニューモデルの発表の場は、パリの自動車ショーで、と決めていた。いまはそうでもなくなったが、原則は尊重され、2014年秋のショーでも、華やかな「458スペチアーレ」をベースにしたスパイダー「458 スペチアーレ A」をお披露目した。

Ferrari 458 Speciale A|フェラーリ 458 スペチアーレ A

Ferrari 458 Speciale A

327_05_mondial_de_lautomobile

Volkswagen Passat GTE

Lamborghini Asterion LPI 910-4|ランボルギーニ アステリオン LPI 910-4

Lamborghini Asterion LPI 910-4

327_08_mondial_de_lautomobile

MINI 5 door

2014年のショーも、そんなパリの路上の雰囲気を反映していたように感じられた。地元フランスのプジョー、シトロエン、ルノーは、小さなクルマを発表するいっぽう、いろいろ室内の仕掛けに凝った(これがフランス車の魅力)ミニバンもアピール。

いっぽう、ドイツ、イギリス、イタリアのメーカーからは、高性能・高級なクーペやセダンが数多く並べられたのだった。たとえばフォルクスワーゲンは、燃費とCO2の排出を抑えたプラグインハイブリッド車に力を入れながらも、ランボルギーニにはこの世のものとはおもわれないスーパースポーツカーを、ベントレーには小山のような車体をスポーツカーのように走らせる高性能セダンを作らせている。

スマートを持つメルセデス・ベンツや、MINIのBMWも負けてはいない。