RRとなった新型トゥインゴ発表|Renault

RRとなった新型トゥインゴ発表|Renault

CAR NEWS

Renault Twingo|ルノー トゥインゴ

RRとなった3代目ルノー トゥインゴ発表

ルノーは、ジュネーブモーターショーにおいて新型「トゥインゴ」を発表した。歴代トゥインゴはもとより、「ルノー5」からも多大な影響をうけたというデザインをまとった3代目は、リアエンジンで後輪を駆動するRRレイアウトをもって生まれ変わった。

Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)

2種類のガソリンエンジンを搭載

ジュネーブモーターショーにおいて、ルノーは3代目となる新型「トゥインゴ」をワールドプレミアした。事前発表のとおり、従来よりも短いボディにより広い室内空間、そしてRRという最近では数すくないレイアウトをもつコンパクトモデルとしての登場だ。

最近のルノーの新型車にならい、このトゥインゴも人生の重要なシーンを6つで表現する、ライフサイクルストラテジーにふくまれ、第5のPLAYをあらわす。

新型トゥインゴは全長3.59×全幅1.64×全高1.55メートルというボディサイズに、四輪を極限まで外側に寄せることでホイールベース2.49メートルを確保。2代目にくらべて全長を10cm短くしながら、ダッシュボードからハッチドアまでの室内長は13cmも長くなっており、最大で220cmもの長尺物を搭載可能とする。

先代トゥインゴはもちろん、往年の「ルノー5」の影響も色濃く受けたというスタイリングは、コンセプトモデルとして発表されたEV「Twin’Z」や、V6エンジンをミドシップした「Twin’RUN」の特徴をそのまま受け継ぐ。そのフロントは、最新のルノーフェイスをつ。ヘッドライト端からボディサイドをまわりこみリアまでつながるラインは、フェンダー部分の盛り上がりを反映して太くなり、その力強い踏ん張り感を強調する重要なアクセントだという。

3代目はトゥインゴ史上初となる5枚ドアモデルだが、リアドアは新型「ルーテシア」とおなじようにCピラーとともにブラックアウトして隠され、遠目には2ドアのように見せる処理がほどこされる。