ルノー ラブグローブ氏と協業した「Twin’Z」公開|Renault

ルノー ラブグローブ氏と協業した「Twin'Z」公開|Renault

CAR NEWS

Renault Twin’Z|ルノー トゥインジー

ルノーの将来のコンパクトカーを示唆するデザイン

ルノー×ロス・ラブグローブのコンセプトカー

ルノーは、英国のデザイナー、ロス・ラブグローブ氏の手によるコンセプトカー「トゥインジー(Twin’Z)」を、ミラノ トリエンナーレにおいて発表した。

Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)

有機的なEV

「トゥインジー(Twin’Z)」は、ルノーがデザイン戦略として掲げている、人間の一生のうちのそれぞれの時期をテーマにした、6つのコンセプトカーの5番目のモデル。これまでにも、この、“ライフサイクル コンセプト”として、“Love”をテーマにした「デジール」、“Exploration”をテーマにした「キャプチャー」、“Family”をテーマにした「Rスペース」、“Work”をテーマにした「フレンディジー」が発表されてきた。そして、今回のトゥインジーが表現するのが“Play”。のこるひとつは“Wisdom”ということだ。

トゥインジーのデザインを担当した、ロス・ラブグローブ氏は、ルノーから依頼をうけ、自然界からインスピレーションを得たというスケッチを描き出し、そこに、ヴァン・デン・アッカー氏が指揮を執るルノーのデザインチームが最新の3D処理をくわえた。

Renault Twin'Z|ルノー トゥインジー

左がロス・ラブグローブ氏、右がルノーのローレンス・ヴァン・デン・アッカー氏

パワートレインは、最高出力 50kW(68hp)を発揮する電気モーター。トゥインジーは後輪駆動のEVなのだ。くわえて、チューブラーフレームのシャシーにカーボンファイバーのボディシェルを採用し、タイヤを限りなく四隅に置くことで、全長わずか3.62メートルというコンパクトなサイズながらも、最大限の室内スペースを確保。前後のドアもピラーレスの電動両開き式のものが採用され、乗降時の開放感を演出している。

ラブグローブ氏らしい、有機的なデザインのボディ全体にはLEDが埋め込まれ、幻想的な雰囲気を醸し出す。光の粒が、フロントグリルのルノーのひし形マークから左右に拡がり、Aピラーを通ってリアまで流れるさまは、このクルマのもつエネルギーを表現するという。

こちらもまた自然界からインスピレーションを得たというホイールは、中央から外側に向かうにつれて枝分かれするデザインとなっており、ミシュランが特別に製作したタイヤへとその模様が引き継がれる。

Renault Twin'Z|ルノー トゥインジー

リアに設置される、透明なリアスポイラーはダウンフォースを発生させるという機能面だけでなく、視覚面においても、軽さを強調する効果をもつという。その下には、車名である「Twin’Z」という文字がゴールドでとりつけられ、いっぽうで、フロントドアの下部には「LOVEGROVE」名が刻まれる。

内装も官能的な光のラインで彩られる。天井はグラスルーフとなっているため、エクステリアを彩るLEDはそのまま内側への光となる。全体は、キャビンを包み込むように、やはりエネルギーの流れを表現するという、二色のラインが描かれている。また、すべてのパーツがシームレスに繋がっており、乗員をふくめて一体感が出るよう、工夫がなされている。

シートは、地面から生えたような緑色の軽量フレームを、立体的に織られた青いネットで覆ったもの。ネット自体が撥水性のあるクッションとなっており、軽量化に貢献するという。また、リアシートは、シートバックはそのままボディシェルを兼任している。

このTwin’zのデザインが、今後、「トゥインゴ」など、ルノーのコンパクトカーのデザインに受け継がれていくだろう。

spec

Renault Twin’Z|ルノー トゥインジー
ボディサイズ|全長 3,627 × 全幅 1,705 × 全高 1,506 mm
ホイールベース|2,495 mm
重量|980 kg
エンジン|電気モーター
最高出力|50kW (68 ps)
最大トルク|226Nm
トランスミッション|リダクションギア付ダイレクトドライブ
駆動|後輪駆動
タイヤ|205/40 R18
バッテリー|リチウムイオン(4個)
最高速度|130 km/h
航続距離|160 km