新型ポルシェ「マカン」にマヨルカ島で試乗|Porsche

新型ポルシェ「マカン」にマヨルカ島で試乗|Porsche

CAR IMPRESSION

Porsche Macan|ポルシェ マカン

新型ポルシェ「マカン」にマヨルカ島で試乗

2013年に初めてポルシェがデビューさせたコンパクトSUV、「マカン」は世界的なSUVブームに後押しされたこともあり、大ヒット作となった。マイナーチェンジを受け2018年10月のパリモーターショーで発表されたその最新モデルに、モータージャーナリスト九島辰也氏がスペインのマヨルカ島で試乗した。

Text by KUSHIMA Tatsuya Photographs by Porsche

ライトまわりが「パナメーラ」や「カイエン」と同様の意匠に変更

ポルシェのラインナップにあって都会的なコンパクトSUVである「マカン」。日本はもちろん世界中で人気なのは言わずもがな。2013年リリースから2017年末までで世界の累計販売台数は31万8,000台を超えているそうだ。確かに、デビュー直後の話題性は高かったのを記憶する。

そんなわけで、今回が初となるマイナーチェンジでは正常進化的にブラッシュアップされた。そりゃそうだ。これだけ売れているモデルを大胆に変える必要はない。そして2018年12月19日、日本で華やかにジャパンプレミアを果たした。販売開始は2019年夏ごろとなる。

その新型マカンに去る11月スペインのマヨルカ島で開催されたメディア向け国際試乗会でテストドライブしてきた。10月の「パリモーターショー」での発表からそれほど経たないタイミングでステアリングを握ることができたのは嬉しい限りである。

ポルシェ マカン
ポルシェ マカン

今回のエクステリアにおける変更点で注目すべきは、ライトまわりだろう。4つの点が光を放つLEDヘッドライトユニットと、左右を一本のラインで結ぶような意匠のリアコンビネーションランプがそれだ。

夜間にはヘッドライトが4つの光を放ち、ポルシェファミリーの一員であることを主張する。これは「パナメーラ」や「カイエン」、そして992型「911」も同様だ。3D的に点灯するリアのライトユニットも同じ。走り去る姿は新世代ポルシェ以外の何者でもない。このほかではバンパーやマフラーエンドが意匠変更しているが、前後のライトまわりと較べると目立つものではない。

インテリアも変更点はわずかだが、インストルメントパネル中央のモニターが横長になったのは大きなポイント。これまでモニターの左右にあったエアコン吹き出し口を下方に移動し、その分ワイド化した。視認性や使い勝手が向上したのは言うまでもない。