8代目となる新型ポルシェ「911」デビュー|Porsche

8代目となる新型ポルシェ「911」デビュー|Porsche

CAR NEWS

Porsche 911|ポルシェ911

ポルシェが8代目の新型「911」をワールドプレミア

ポルシェAGは11月28日、8代目となる新型「911」(タイプ992)を、米国で開催されたロサンゼルスモーターショー2018の前夜祭で世界初公開した。

Text by HARA Akira

力感あるボディとデジタル化されたインテリア

ポルシェのアイコニックなモデル「911」が8代目へと進化した。

“タイプ992”となる新型911のエクステリアは、フロントボディが45mmワイドになり、初代911を彷彿させるような新型LEDヘッドライトをつなぐフロントリッドのライン、左右のドアと面一になる電動ポップアウトハンドル、よりワイドなホイールアーチやフロント20インチ、リア21インチのホイールが特徴。

全モデルが同じ幅となるリアエンドでは、ワイドな可変式リアスポイラーと横一文字につながるシームレスのライトバーが目を引く。フロントセクションとリアセクションを除くボディはアルミニウム製だという。

インテリアは、1970年代の911を想起させる埋め込み式メーターを備えたクリアで直線的なラインを持つダッシュボードや、ポルシェ特有の中央のレブカウンターの横に位置する2つのフレームレスの薄型自由形状ディスプレーが特徴となっている。

標準装備となるPCM(ポルシェ コミュニケーション マネージメント)の10.9インチセンタースクリーンは新構造により迅速な操作が可能となり、その下の5個のスイッチを備えたコンパクトなユニットを使用することで、重要な車両機能に直接アクセスすることが可能になっている。