ボルボの新型SUV、XC60に試乗|Volvo

ボルボの新型SUV、XC60に試乗|Volvo

CAR IMPRESSION

Volvo XC60|ボルボ XC60

ボルボの新型SUV、XC60に試乗

3月のジュネーブモーターで第2世代へと進化、10月には早くも日本上陸を果たしたボルボのミッドサイズSUV「XC60」。国内販売のじつに30パーセントを占めるというこの新型XC60に小川フミオ氏が早速試乗、その進化のほどを確かめた。

Phorographs by ARAKAWA MasayukiText by OGAWA Fumio

進化したスタイリングと最新技術の融合

完全自動停止の自動ブレーキをどこより早く導入したボルボ「XC60」がフルモデルチェンジ。2017年10月に日本での発売が開始された。乗ると個性がある。それこそ最も大事なものだ。

ニューモデルを続々と発売しているボルボカー。2017年には「S90」、「V90」と大型セダンおよびステーションワゴンの新型が日本で発売された。

9月にミラノでコンパクトSUV市場に切り込む「XC40」を発売したと思ったら、3月にジュネーブ自動車ショーで発表された新型「XC60」が10月には日本市場に導入された。

SUVの売れ行きは依然として好調という。「XC90」の下に位置しつつ、装備も豊富でゆたかなライフスタイルを感じさせるXC60は発売いらいセールスは好調。

s_007_volvo_xc60
s_006_volvo_xc60

「日本市場での販売台数はずっと右肩上がりで推移してボルボ車の30パーセントを占める重要な車種」と輸入元のボルボカーズジャパンの広報担当者は語る。

それだけに新型にも期待がかかる。いいところは引き継ぎ、いまいちなところは思いきって変える。それがモデルチェンジの常道だとすると、新型はよくやっている。

新しいXC60は寝かされたリアウィンドウを持つプロファイルは継承。ぱっと見てすぐボルボとわかるスタイリングだ。

「レボリューション(革命)でなくエボリューション(進化)」とボルボが今回のモデルチェンジの肝を端的に表現している。

s_012_volvo_xc60
s_014_volvo_xc60

見えないところ、つまりシャシーは進化というより、まったくの新型。電動化も見据えているそうで、XC90と基本は同じものが採用された。

新しいシャシーにより、パッケージングがよくなり(室内が広くなり)、同時に前後重量バランスの改善や軽量化で操縦性が向上していることが謳われる。

見た目で新しいのはフロントマスク。「トールハンマー」と呼ばれるT字の入ったヘッドランプはボルボの新しいラインナップに共通のものだ。

しかもそのトールハンマーの先っぽが従来のモデルより内側に伸びて、グリルに突き刺さるような斬新な意匠になったのも新型XC60の特徴だ。

s_015_volvo_xc60
s_016_volvo_xc60

サイドビューもボディ下部にえぐったようなキャラクターラインを入れ(XC40などと共通のおそらく最新のデザインテーマ)躍動感を生み出している。

ラインナップは「T8」「T6」「T5」そして「D4」。まず2リッター4気筒搭載の「T5 AWD」(599万円~)と、2リッター4気筒のハイブリッド「T8ツインエンジンAWD」(884万円)を導入。

2018年3月をめどにパワフルな2リッター4気筒の「T6」(724万円)と、2リッター4気筒ディーゼルの「D4 AWD」(599万円~)が追加される。

内外装のバリエーションは豊富だ。モデルによってはベースモデルに「モメンタム」を据え、ラグジュリーに振った「インスクリプション」と、スポーティな「Rデザイン」の展開だ。