ボルボ、新型「XC60」を発売|Volvo

ボルボ、新型「XC60」を発売|Volvo

ボルボ・カー・ジャパン代表取締役社長の木村隆之氏

CAR NEWS

Volvo XC60|ボルボ XC60

ボルボ、新型「XC60」を発売

ボルボ・カー・ジャパンはミッドサイズSUVの2代目「XC60」を発表した。初代XC60は2008年の発売以来好調なセールスを記録し、世界累計で約100万台が販売され、ヨーロッパで最も売れたプレミアムミッドサイズSUVとなった。現在ではボルボの販売台数の約30パーセントを占めるモデルである。

Photographs by UCHIDA ChizukoText & Photographs by UCHIDA Shunichi

さらに高められた安全機能

ボルボといえば安全性の高いメーカーというイメージが強い。「XC60」もボルボの包括的な安全機能“インテリセーフ”を標準装備。そこに新たに3つの安全技術が追加された。

まずは衝突回避支援機能が追加された「ステアリングサポート」だ。ステアリング機構並びにブレーキで制御を加えることによって可能な限り衝突を回避する。具体的には、前方にクルマが割り込むなどでブレーキだけでは避けられず追突しそうな場合、ドライバーがそれを避けようとステアリングを切った瞬間に、切った方向に最大限ステアリングをサポートし、かつ内側のブレーキもかけることで、危険回避をサポートする機能だ。50km/hから100km/hの速度域で作動し、車両、歩行者、サイクリスト、大型動物を検知する。

次に、「オン カミング レーン ミティゲーション」。これは、対向車に対する回避機能で、例えばよそ見をして無意識にステアリングを切ってしまい車線をまたいでしまったとき、前方から来るクルマをミリ波レーダーとカメラで検知すると、ドライバーのきっかけがなくても、クルマが自律的にエレクトリックパワーステアリング機構を使って強制的に元いた車線に戻す機能だ。作動速度域は60km/hから140km/hのあいだとなっている。

s_005_volvo_xc60
s_012_volvo_xc60

最後は「ステアリングアシスト付きBLIS」だ。ボルボはこれまでもBLIS(ブラインド スポット インフォメーション システム)を搭載していた。これは、斜め後方の死角に侵入してきたクルマ等に反応し、そのクルマがいる方向のドアミラー内やその周辺にあるインジケーターランプを点灯させ、ドライバーに注意を促すものだった。XC60ではそこから一歩踏み出し、ステアリング アシストを追加している。

具体的なシーンで説明すると、XC60の場合はドアミラー内のインジケーターが光って警告し、この時にウインカーを出して車線変更を始め、その状況で衝突は避けられないとミリ波レーダーが検知すると、エレクトリックパワーステアリングを使って強制的に元いた車線に戻し、衝突を回避する機能である。このミリ波レーダーは70メートル後方まで検知している。

BLISに関してボルボは2004年より順次装備してきた。状況別にみた死傷死亡事故に対する死亡事故件数の割合では、車線変更時の事故は直進時に次いで多く、重傷事故を起こす可能性が高い傾向にあるという。そのことからボルボでは積極的に装備し、かつ、新機能も追加しているのだ。