ボルボの新SUV「XC60」に試乗|Volvo

ボルボの新SUV「XC60」に試乗|Volvo

CAR IMPRESSION

Volvo XC60|ボルボ XC60

ボルボの新SUV「XC60」に試乗

今年3月のジュネーブモーターショーで発表された、ボルボの最新SUVモデル「XC60」。先に登場した「XC90」からの流れである新しいボルボのデザインをまとった2代目XC60に、金子浩久氏がスペインのバルセロナで試乗した。

Text by KANEKO Hirohisa

クセになる優しい乗り心地

フルモデルチェンジしたボルボのSUV、「XC60」にスペインのバルセロナ近郊で乗った。

XC60は昨年発表された兄貴分の「XC90」とはサイドビュウの印象も異なり、XC90が7人乗りの3列シートを備えているのに対して、XC60はオーソドックスな5人乗り2列シートを持ち、ボディサイズも少し小さい。

しかし、正面や後ろ姿などはXC90を始めとする最近のボルボ各車と共通したものを持っている。ドイツ車でも日本車でもない、独自の個性をうまく導き出している。

s_volvo-xc60_010
s_volvo-xc60_011

走り始めて、まず鮮やかだったのが静かで柔らかな乗り心地だった。高速道路など直線主体のところではフラットな姿勢を保ちながら淡々とクルージングしていく。一般道や山道などに降りて、カーブを走る時には左右にロールを伴いながら曲がっていく。高級感をだいぶ高めている。

柔らかくコーナーをいなしながら曲がっていく感覚も独特のもので、クセになる。長く付き合うのならば、こうしたタッチの優しさは間口を広く受け止めてくれるはずだ。乗せられている人も安らげる。

試乗車はオプションのエアサスペンションを装着していたので、その効能も大きかったのかもしれない。購入する際には大いに検討に値するだろう。