パナメーラに新規追加された「スポーツツーリスモ」に試乗|Porsche

パナメーラに新規追加された「スポーツツーリスモ」に試乗|Porsche

Porsche Panamera Sport Turismo

CAR IMPRESSION

Porsche Panamera Sport Turismo|ポルシェ パナメーラ スポーツツーリスモ

Porsche Panamera 4 E-Hybrid|ポルシェ パナメーラ 4 E-ハイブリッド

実用性を重視も、走りの楽しさは一級品

2代目パナメーラに17年3月に追加となった初の派生モデル「パナメーラ スポーツツーリズモ」。後席でも大人がゆったりとくつろげる空間と、広い開口部とラゲッジを備えた、このシューティングブレークタイプのニューモデルに小川フミオ氏が試乗した。

Text by OGAWA Fumio

スポイラーをルーフ後端に移動

ポルシェ「パナメーラ」のラインナップが拡充。荷室容量を拡大し、乗車定員を5人にした「パナメーラ スポーツツーリスモ」が登場。その試乗会がカナダで開催された。

パナメーラは2009年に初代が発表された当初、ユニークすぎるコンセプトのように思えた。しかし走りのよさとぜいたくな装備、それに車高を低めにおさえたスタイリッシュさゆえ、予想以上の人気を博したのはご存じのとおり。

2016年に2代目にモデルチェンジ。2017年に追加車種としてまったく新しいパナメーラ スポーツツーリスモが発表されたのである。

s_009_porsche_panamela_turbo_crayon

Porsche Panamera Sport Turismo

s_021_porsche_panamela_turbo_crayon

特徴はルーフが伸ばされ荷室容量が最大で50リッター増加したこと。そしてリアシートが3人がけになったことも特筆点だ。現地で出会った開発担当者によると「要望はそれなりに多かった」と言う。

リアシートのバックレストは40対20対40の分割可倒式。荷室の積み込み口の地上高もスポーツセダン(従来のパナメーラ)より下がっており、ゴルフなどを楽しむユーザーにはパナメーラの魅力が増したといえるかもしれない。

テールゲートの形状が変わったこともあり、ポルシェは格納式リアスポイラーの位置をスポーツツーリスモでは変更した。

s_031_porsche_panamela_turbo_crayon

Porsche Panamera Sport Turismo

s_033_porsche_panamela_turbo_crayon

従来はリアウィンドウの下から速度に応じて展開されていたリアスポイラーだが、スポーツツーリスモではルーフの後端に移されたのだ。

ポルシェではこれをアダプティブ リア スポイラーと呼び、速度に応じて角度を変える仕組みを組み合わせている。それによって高速域では後輪にしっかり駆動力がかかるようになったと、さきの開発担当者は語った。