最新のポルシェ911ターボに試乗|Porsche

最新のポルシェ911ターボに試乗|Porsche

Porsche 911 Turbo S

CAR IMPRESSION

Porsche 911 Turbo|ポルシェ 911ターボ

最新のポルシェ911ターボに試乗

世界でもっともバーゲン価格のスーパースポーツカー

昨年12月に、ほかの911ファミリーと同じく991型の改良版へ進化した、ポルシェ「911ターボ」。991 II型の発表に合わせて「911カレラ」をはじめ一部モデルを除くほとんどの911シリーズがターボチャージャー付きエンジンを搭載するなか、これまでトップモデルとして与えられてきた称号「ターボ」を名乗る矜持はどこにあるのか。河村康彦氏が南アフリカのサーキットと公道で試乗し、その答えを探る。

Text by KAWAMURA Yasuhiko

進化し続けるポルシェ911

水平対向デザインのエンジンや、リアエンジンのレイアウト ―― ある意味“孤高”とも呼べそうなそうしたテクノロジーにこだわり、それを徹底して磨き上げることで、今も世界第一級のスポーツカーとしての座を守り抜くポルシェ「911」。

半世紀以上に及ぶ長い歴史のあいだで共に歩んで来た多様な嗜好を持つユーザーの声に応えるべく、ひとつのモデルの中に実にさまざまなバリエーションを擁するのもこのモデルならではの特徴だ。

その歴史を振り返れば、常に時代の流れを見据えたリファインが繰り返されて来たのも、911ならでは。本サイト上でもすでにその詳報をお伝えした「ターボ化が図られたカレラ シリーズ」も、まさにこの先も911というモデルが成長と発展を遂げていくための、ひとつの通過点ということになるはずだ。

Porsche 911 Turbo|ポルシェ 911 ターボ

Porsche 911 Turbo S

Porsche 911 Turbo|ポルシェ 911 ターボ

Porsche 911 Turbo S

そうした一方で、こうして大半の911がターボチャージャーを採用となると、その立場が微妙なことにもなりそうなのが、これまでフラッグシップ グレードとしてシリーズの頂点に君臨をしてきたターボ系のグレード。

カレラ系モデルにターボ付きの新世代パワーユニットが搭載され、まさに「そこのところ」が気になっていたタイミングで、こちらもさらなる進化を遂げたことが伝えられるターボ系モデルの国際試乗会が開催をされた。

主な舞台として用意をされたのは、遥か南半球に位置する南アフリカ第一の都市であるヨハネスブルグ近郊にあるキャラミ サーキット。

かつてはF1レースも開催されたこの場所は、現在はポルシェ南アフリカを経営するオーナーの手に渡り、敷地内にコンベンションセンターも新設するなど大改修作業の真っただ中。ピット上のホスピタリティブースなどもまだその全容を現してはいないものの、すでに路面部分は完成済み。今回のイベントは、まだ舗装も真新しいその新生コースを用いて行われた。