コンパクトラグジュアリーSUV、レクサス NXに試乗|Lexus

コンパクトラグジュアリーSUV、レクサス NXに試乗|Lexus

CAR IMPRESSION

Lexus NX200t|レクサス NX200t
Lexus NX300h|レクサス NX300h

コンパクトラグジュアリーSUV、レクサス NXに試乗

レクサスのコンパクトSUVとして、ヨーロッパ、日本のマーケットを意識して仕上げられた「NX」。レクサス初の2リッターターボエンジンを搭載するなど、あたらしい機構も注目される。九島辰也氏が海外と日本で試したインプレッションをお届けする。

Text by KUSHIMA Tatsuya

コンパクトで機動力のあるSUV「NX」

コンパクトSUV市場が活発だ。メルセデス・ベンツがAクラスベースの「GLA」を、BMWが3シリーズベースの「X4」をリリースした。それに対して「イヴォーク」を有するレンジローバー、ジープ「チェロキー」といったオフローダー専門ブランドも黙ってはいない。よりオンロードテイストを強め、マーケットニーズに応えている。

もちろん、国産メーカーもおなじ。マツダ「CX-5」が人気なのはご承知のとおり、スバル「フォレスター」、トヨタ「ハリアー」も高い支持を得た結果、街に氾濫している。

Lexus NX200t|レクサス NX200t

Lexus NX200t 北米仕様

Lexus NX200t|レクサス NX200t

Lexus NX200t 北米仕様

そんな折に生まれたのがレクサス「NX」。同ブランドにはこれまで「RX」がSUVマーケットすべてをカバーするかたちをとっていたが、そうもいかなくなってきたというのが実情だ。よりコンパクトで機動力のあるSUVが求められるようになってきた。

ではRXとNXはどうちがうのか。

その答えはシンプル。まったくの別モノだ。というのも、RXが開発されてからもはやかなり時間が経っている。当時のSUVマーケットは北米一色で、そこでの嗜好そのままに味付けされていた。

が、NXはそれとはちがう。ニューモデルNXのマーケットはいまや全世界。ヨーロッパでも通じるハンドリングとフットワークを兼ね備えている。そしてそれが可能になっているのはいまのレクサス全体の方向性がかなりその傾向を強めているから。

ISシリーズに代表されるように、今日のレクサスはかなりスポーティなセッティングで仕上がっている。「LFA」の開発を機に、このブランドは生まれ変わった。

ということで、NXのインプレッションをお届けする。ステアリングを握ったのはカナダのバンクーバー郊外と、日本を代表する避暑地、軽井沢である。

327_00018_lexus_200t-us