CASIO カシオ

終戦直後の日本で創業したカシオ計算機。1957年に発表した世界初の小型純電気計算機「14-A」をはじめ、各種計算機の開発で培われた最先端の技術力を活かし、1972年より時計開発もスタート。1974年には、世界初のオートカレンダー付き腕時計「カシオトロン」を発表し、いち早くデジタルウォッチに特化する。

同社最大のヒット作である「G-SHOCK」が生まれたのは1983年。ケース全体をウレタン樹脂で覆うことで、10mの高さから落としても壊れないタフネスさが売り物だった。しかし、サイズの大きさが敬遠されたためか、当初は国内市場において、いまいち奮わなかったといわれる。

ところが、アメリカ市場でのG-SHOCKは、そのリアルな実用性が軍関係者に注目されるほか、斬新なコマーシャル戦略が功を奏し、瞬く間に人気モデルとなる。逆輸入という形で日本市場に再登場したG-SHOCKは、ストリートシーンからじわりと火がつき、やがて1990年代にはプレミアムが付くほどの大ブームを巻き起こすことになる。その後も、ベイビーGや、MR-Gなど、派生モデルを次々生み出しながら、現在でも同社を代表するシリーズとして毎シーズンごとに新作を発表している。

近年では電波時計にも力を入れ、2003年には世界初のフルメタルソーラー電波時計「オシアナス」を発表。受信アンテナを内蔵するため、どうしても無骨なデザインになりがちだった電波時計の常識を180度ひっくり返し、全身をメタルで覆ったスタイリッシュなデザインを獲得する。また、カシオ独自の5モーター技術により、多機能クロノグラフ化を実現した点も大きなセールスポイントだった。

2007年現在も、カシオ独自のモジュールの小型化技術を推し進め、世界最薄のクロノグラフソーラー電波ウォッチ「オシアナス マンタ」をリリースするなど、あいからずの快進撃を続けている。

創業年:1946年
創業地:日本 東京都三鷹市
主なシリーズ名:G-SHOCK、オシアナス、プロトレック
問い合わせ先:カシオ計算機お客様相談室 03-5334-4869


公式サイト:http://www.casio.co.jp/

ARCHIVE