Secrets behind the Success|連載第8回 「スティーブンスミスティーメーカー」代表 スティーブン・スミスさん

Secrets behind the Success|連載第8回 「スティーブンスミスティーメーカー」代表 スティーブン・スミスさん

Secrets behind the Success

ビジネスパーソンの舞台裏
第8回|スティーブン・スミスさん(「スティーブンスミスティーメーカー」代表)

ポートランドが育んだ“紅茶の神様”(1)

ビジネスで成功を収めた成功者たちは、どう暮らし、どんな考えで日々の生活を送っているのだろう。連載「Secrets behind the Success」では、インタビューをとおして、普段なかなか表に出ることのない、成功者たちの素顔の生活に迫ります。

ライフスタイルの発信地として、近年注目を集めるアメリカ・オレゴン州のポートランド。この街に世界各地の茶葉を知り尽くし、各種メディアに「数千年にひとりの逸材」と評される製茶のスペシャリストがいる。世界中のスターバックスで愛飲されている「Tazo Tea(タゾ・ティー)」の生みの親こと、スティーブン・スミスさんである。40年以上製茶業界に携わってきた彼が2011年、満を持してスタートさせたブランドが「STEVENSMITH TEAMAKER(スティーブンスミスティーメーカー)」。ショップを兼ねたアトリエで、ブレンドからテイスティング、パック詰めまで、すべてをおこなうというユニークなコンセプトは、一体どんな経緯で誕生したのか。そしてそこに隠されたスミスさんの哲学とは?

Photographs by NAKAMURA Toshikazu (BOIL)
Text by TANAKA Junko (OPENERS)

オーガニックの世界から革命を起こす

――スミスさんは「アメリカの製茶市場を10年で7倍にした」と評されるなど、アメリカの製茶業会で輝かしいキャリアをおもちですが、お茶作りに関わられる前は、どんな活動を展開されていたのでしょう。

1971年、パートナーと一緒に、穀物やフルーツといったオーガニック食品を販売する店をはじめました。植物専門の店も併設してね。店の名前は「Sunshine Natural Foods(サンシャイン・ナチュラル・フーズ)」。 ポートランドではじめてのオーガニックの店だったんです。それからハーブ専門の店も開業しました。それが「The Gates of Eden(ザ・ゲーツ・オブ・エデン)」。我ながらなかなかいい名前を思いついたものです(笑)。

――「ザ・ゲーツ・オブ・エデン」もおなじようにオーガニックの店だったのでしょうか?

ええ。紅茶や緑茶は置いていなくて、花びらや葉っぱを使ったハーブティーだけを取り扱っていました。主に医療目的のね。ゆくゆくはおなじような趣旨の店に、ぼくたちが取り扱っている商品を卸売りしようと考えていたんです。ですが、少し時代を先取りしすぎてしまったようで、ぼくたちのような店は当時どこにもなかった。そんなわけで、ぼくたちはいったん店をたたんで、ハーブティー作りに専念することにしました。それが「The Stash Tea Company(スタッシュティーカンパニー/以下、スタッシュ)」(※)のはじまりです。

※スタッシュティーカンパニー=世界各国の紅茶とハーブを扱うアメリカ最大の製茶ブランド

―― ポートランドといえば、オーガニックが街に根付いているというイメージがありますが、スミスさんたちの店はその先駆けだったわけですね。

そういうことになりますね。

――もともとは、どんなきっかけでオーガニックに目覚められたのでしょう。

意外に思われるかもしれませんが、大学ではジャーナリズムを専攻していました。そのあとベトナム戦争に徴集されて、アメリカに帰ってきたときに、友達から「オーガニックの店を開くんだ。一緒にやらないか?」と誘われたのがきっかけです。ときは1970年代。若者たちは既成概念に囚われない、あたらしい考え方を身につけ、世界中で大きな革命が起きていました。ぼくもその流れに身を投じたかったんです。

――それもオーガニックの世界から革命を起こそうと。

はい。ただ当時は、店で扱っている商品のすべてがオーガニック、というわけではありませんでした。ナチュラル・フード(無農薬野菜)が、ようやく登場しはじめたころの話ですから。スーパーではまだお目にかかれない存在だったんです。

――スタッシュをはじめたのは、いつごろのお話ですか?

1972年ですから、ぼくが23歳のときのことでした。いまより随分と若かったですね(笑)。ぼくを入れて3人で立ち上げた会社でしたが、だんだん製茶業界とその周辺で起きていることにウンザリしてきてしまったんです。現状を打開するにはとびきりフレッシュで斬新なアイデアが必要だと思いました。愛と情熱、それに品質を高める努力も。それから1993年までの21年間は、まさに試行錯誤の日々でした。

そのひとつが、1985年にはじめたペパーミントの収穫です。オレゴン州の農家と契約を結んで、リプトン(スコットランドで誕生した世界的な紅茶メーカー)やセレッシャル・シーズニング(アメリカで誕生したハーブティーメーカーの老舗)といった、大手の製茶メーカーに卸すことにしました。そういったことが功を奏して、数年後にはレストラン業界にハーブティーを卸すメーカーとして、アメリカで第2位の売り上げを誇るまでになっていました。

「スティーブンスミスティーメーカー」の茶葉は、スミスさんが自ら、ポートランドのティーアトリエでブレンドをおこなっている

――順調に成長をつづけていたスタッシュですが、1993年に日本の食品メーカー「山本山」に売却されますね。この決断にはどういった経緯があったのでしょう。

これまでとまったくちがう、あたらしいお茶作りに挑戦したくなったというひと言に尽きます。山本山は売却の話が出る数年前から、すでにビジネスパートナーとして名を連ねていましたし、お互いへの信頼もあったので「会社を買いたい」という話をいただいたときも、「山本山になら」という思いで決断しました。

最終的に話がまとまり、山本山に売却したのが1993年のことでした。それから早速、自宅のキッチンであたらしい製茶ブランドのコンセプトを、ああでもない、こうでもないと考えはじめました。当初考えていた名前は「Elixir(エリクシール=万能薬の意)」。体に優しいお茶を作ろうと考えていたので。その時点では、紅茶を濃縮したものやトニックウォーターなど、リキッドタイプのお茶に特化したメーカーになる予定でした。それがのちに「Tazo Tea(タゾ・ティー/以下、タゾ)」(※)に進化していくのですが。

※タゾ・ティー=紅茶とハーブティーの製造および卸売りをおこなう製茶ブランド。1994年、スミスさんと2人のビジネスパートナーによって設立された。現在はスターバックスの子会社となっている

――リキッドタイプのお茶というと、どういったものを指すのでしょう。

ぼくが試作していたのは、お茶をいろいろなものと掛け合わせること。たとえば、紅茶とラズベリージュース、緑茶とトロピカルフルーツ、ハイビスカスのハーブティーとリンゴジュースといった具合に。水で薄めて飲む凝縮タイプのシロップです。ガス入り、ガスなし、お湯。どれで割ってもいいのですが、その割合はシロップと水で1:5がベストですね。試作を繰り返しているうちに、1万ガロンの容器がいっぱいになるほどのシロップができあがりました。それにお酒を混ぜたらおいしいカクテルができると思ったので、小分けにして、バーやレストランに販売することにしました。

このシロップのようなお茶を作った背景には、いろいろな文化を掛け合わせたいという思いがありました。東ヨーロッパ、日本、中国、イギリスの要素を、少しずつ掛け合わせていく。それがタゾの原形になりました。

――お茶からいろいろな国の文化を感じられるというのは素敵ですね。

そうですね。発売と同時に大きな反響を呼んだのも、そうしたコンセプトが時代とマッチしていたからかもしれません。発見や驚きをもたらすお茶と称され、大ヒットしました。その後は、ティーバックや冷凍紅茶、アイスキャンディーなど、あたらしいラインナップを増やしていきました。

サシェは廃棄後に土に戻る生分解素材を採用

――発見や驚きをもたらすお茶というのは、いまの「STEVENSMITH TEAMAKER(スティーブンスミス ティーメーカー/以下、スミス)」にも通じる考え方なのでしょうか?

もちろん。ぼくがタゾをはじめたときから追求しつづけているのは、まさにそこなんです。ただタゾをスターバックスに売却したあとは、少しずつやりたいことが実現しにくくなっていきました。そんなわけで売却から7年後に、ぼくは会社を去ることになるのですが……。いずれにしても、タゾとして最初に手がけたリキッドタイプのお茶が、いまでも市場では一番人気なんですよ。