スーパースポーツ PHEV「C-X75 プロトタイプ」を公開|Jaguar

CAR NEWS

Jaguar C-X75 Prototype|ジャガー C-X75 プロトタイプ

ジャガーが誇る最先端技術の結晶

スーパースポーツ プラグインハイブリッド「C-X75 プロトタイプ」を公開

ジャガー・ランドローバーは、「C-X75 プロトタイプ」の最新の映像とスペックを公開した。

Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)

1.6リッターにして850英馬力

ジャガー「C-X75 コンセプト」は、ジャガーブランド誕生75周年を機に開発がスタートし、2010年のパリモーターショーに“サステイナブルなスポーツカー”として出展されたハイブリッドカー。

イアン・カラム氏の手がけた流麗なデザインと、最高出力580kW、最大トルク1,600Nmという、レーシングカー並のスペックを誇り、2011年に250台限定での発売まで予告されていたものの、2012年に経済状況悪化のあおりをうけるかたちで市販化が中止されてしまったという経緯をもつ。

今回公開されたプロトタイプは、これをリファインし、ガソリンエンジンに、2基のモーターが加勢する、パラレル方式のプラグインハイブリッド スーパーカーだ。

搭載されるエンジンは、排気量わずか1.6リッターの直列4気筒で、スーパーチャージャーとターボチャージャーによる過給によって、502bhp/10,000rpmという最高出力を発揮するという。このエンジンに加勢する2つのモーターは最高出力390bhp。システム総合では850bhpに達する。静止状態から100mph(160km/h)まで加速するのに要する時間は6秒以下、最高速度は220mph(340km/h)以上だ。

Jaguar C-X75 Prototype|ジャガー C-X75 プロトタイプ
Jaguar C-X75 Prototype|ジャガー C-X75 プロトタイプ

このパワートレーンは、おなじイギリスを本拠地とし、F1のコンストラクターズとして有名な「ウィスアムズ アドバンスド エンジニアリング」と共同で開発されたもので、F1でつちかわれたテクノロジーがフィードバックされているという。

今年のジュネーブモーターショーを賑わせた、ハイブリッドのスーパースポーツと比較すると、マクラーレン「P1」は、システム総合で最高出力916ps、最大トルク900Nm、フェラーリラ フェラーリ」は最高出力963ps、最大トルク900Nm以上とされている。ただし、マクラーレン P1には4.0リッターV型8気筒エンジン、ラ フェラーリには6.2リッターV型8気筒エンジンと、ともに大排気量エンジンを搭載しているので、ジャガーのCX-75プロトタイプは、これらに迫るスペックを、別のアプローチで達成しているといえる。

環境への配慮もおこたらないスーパーカーとされる、CX-75 プロトタイプのサステイナブルな面は、走行1kmあたりのCO2排出量が、わずかに89g以下、モーターのみの、いわゆるEVモードでの航続可能距離が最高60kmといった数値にあらわれる。

このような高性能、低環境負荷を誇るC-X75 コンセプトには、ジャガー初となるカーボン複合素材によるモノコックシャシー、おなじくカーボン複合素材によるボディパネル、先述の1.6リッター直列4気筒エンジン、それにプラグインハイブリッドシステムなど、現在のジャガーの市販車に採用されている先端技術の、さらに一歩先をゆく最先端技術が惜しみなく投入されている。

Jaguar C-X75 Prototype|ジャガー C-X75 プロトタイプ

このため、たとえ市販化が実現しなくとも、C-X75 プロトタイプは、ジャガー・ランドローバーの未来を指ししめす、技術のショーケースとして、じゅうぶんにアピールすることだろう。

080507_eac_spec
JAGUAR C-X75|ジャガー C-X75
エンジン|直列4気筒 ターボチャージャー+スーパーチャージャー
排気量|1.6リッター
エンジン最高出力|502 bhp / 10,000 rpm
モーター最高出力|150 kW x 2基
総合最高出力|850 bhp以上
総合最大トルク|1,000 Nm以上
0-100mph加速(0-160km/h加速)|6.0秒以下
最高速度|220 mph(340km/h)
CO2排出量|89 g/km以下