新世紀ハイエンド スーパースポーツの世界|Super Sports 2013

新世紀ハイエンド スーパースポーツの世界|Super Sports 2013

CAR FEATURES

Porsche 918 Spyder|ポルシェ 918 スパイダー
McLaren P1|マクラーレン P1
Ferrari LaFerrari|フェラーリ ラ フェラーリ

ポルシェ、マクラーレン、そしてフェラーリからHVモデルが誕生

新世紀ハイエンド スーパースポーツの世界

2010年のジュネーブショーでポルシェが発表したコンセプトカー「918 スパイダー」を皮切りに、一気に加速した新世代ハイエンド スーパースポーツの開発。マクラーレンは2012年のパリサロンで「P1」を、そしてフェラーリは2013年のジュネーブショー「ラ フェラーリ」をデビューさせた。運動性能と環境性能の両立という新世代スーパースポーツのあらたな価値感に、ポルシェ、マクラーレン、フェラーリはどのようにアプローチしたのか。現時点における技術の集大成ともいうべきスペシャルモデル3台について、山崎元裕が迫る。

Text by YAMAZAKI Motohiro

歴史的サプライズとなった918 スパイダーの誕生

未来において、我々がスーパースポーツの変遷を振り返る時、2013年という年は、必ずや重要な歴史的節目として語られることになるだろう。そうそれは、いまからちょうど10年前、2003年と同じように──

この10年間に、ハイエンドのスーパースポーツには、あらたな価値観というものが生まれた。その価値観を、仮に前世紀型、新世紀型と表現するのならば、前者の象徴的な存在は、「ブガッティ・ヴェイロン 16.4」であり、それに対比される後者は、2013年に続々と誕生する最新のモデルである。

スーパースポーツの世界における新世紀型価値観を、他社に先駆けて具現化してみせたのはポルシェだった。2010年のジュネーブショーでコンセプトカーとして披露され、その後2013年9月18日から918台のデリバリーがおこなわれることが決定した「918 スパイダー」がそれである。

事前に一切の情報がリークすることなく、まさに歴史的なサプライズとなった918 スパイダーの誕生。それは「ポルシェ インテリジェンス パフォーマンス」というタイトルのもと、ポルシェが世界最高の運動性能と環境性能を両立させることを宣言したモデルだった。

コンセプトカー発表の時点では、オフィシャルにはその生産計画は未定とされていたが、それが2003年に誕生した「カレラGT」につづく、“特別なポルシェ”として限定生産されることにたいする期待は、市場からも、また社内からも相当に大きなものだったはずだ。

そしてほどなく、ポルシェは918 スパイダーの限定生産計画を発表。そのデザインやエンジニアリング、あるいはプロダクションのための体制作りは、一気に加速したのである。

Porsche 918 Spyder|ポルシェ 918 スパイダー