マクラーレンの最新マシン「セナ」が日本初上陸|McLaren

マクラーレンの最新マシン「セナ」が日本初上陸|McLaren

CAR FEATURES

McLaren Senna|マクラーレン セナ

マクラーレンの最新マシン「セナ」が日本初上陸

マクラーレン オートモーティブは5月22日、3月のジュネーブショーでワールドプレミアした最新のサーキット指向型ロードカー「セナ」を、東京・芝の増上寺特設会場で日本初披露した。

Text & Photographs by HARA Akira

伝説のドライバー「セナ」の名を冠した理由

マクラーレン「セナ」は、マクラーレン史上最高のパフォーマンスを持つ公道走行可能なサーキット仕様モデルとして開発された、同社アルティメット シリーズの最新モデル。価格は日本円で約1億円。価格もさることながら、限定生産される500台全てが発表時点で完売状態であったことも話題となった。

国内初披露の場となった増上寺 大殿前の広場には、「720S」をはじめ「570S」「540S」というマクラーレンの各モデルがずらりと並び、さらに会場入り口には、アイルトン・セナがマクラーレン・ホンダを駆りF1黄金期を築いた1992~93年当時に着用していたヘルメットやレーシングスーツを展示。究極のパフォーマンスを発揮するという新型車の発表会場にふさわしいアピアランスとなっていた。

s_058_mclaren_senna
s_001_mclaren_senna

発表会は、イベントの成功を祈願するため、能楽師で重要無形文化財・総合認定保持者の大倉正之助氏の太鼓の演奏でスタートした。

続いて登壇したマクラーレン オートモーティブ アジア日本代表の正本嘉宏氏は、「マクラーレンとセナというブランドは、どちらも栄光のモータスポーツの歴史を築いてきた絆があるだけでなく、お互いの根底には、いつの時代もチャレンジし続けるというDNAがある」とコメント。

過去何十年というレーシングテクノロジーの蓄積と、最新技術とマテリアルの粋を結集し、伝統と革新が融合するマクラーレン アルティメット シリーズの最高峰に位置する最新バージョンが、今回の「セナ」であるとした。

s_042_mclaren_senna
s_029_mclaren_senna

アイルトン・セナの勇姿を収めたムービーが披露された後、登壇した同社アジア パシフィック担当マネージング ディレクターのジョージ・ビッグス氏は、「ご覧になった映像のように、レースでの限界を押し広げたアイルトン(セナ)の姿は、我々の目指すべき基準を示すもの」とした。

また氏が担当するマネージング面では、マクラーレン車の販売は4年連続で増加しており、昨年は世界で3,340台を販売。その3分の2が新ラインナップのスポーツシリーズで、大半が新規ユーザーであったこと、現在は1日あたり20台の生産体制を築いていることなどを報告。

さらに日本は重要な戦略的市場で、2017年はスポーツシリーズの売り上げが世界第3位となり、今年後半には2つ目のディーラーを東京に用意するなど、取り組みを強化すると発表した。