マクラーレン570Sスパイダー国内販売開始|McLaren

マクラーレン570Sスパイダー国内販売開始|McLaren

CAR NEWS

McLaren 570S Spider|マクラーレン 570S スパイダー

マクラーレン570Sスパイダー国内販売開始

マクラーレン・オートモーティブは、アジアプレミアとなる「570Sスパイダ—」を日本で披露。併せて販売を開始した。国内での価格は2,898万8,000円から。

Text & Photographs by UCHIDA Shunichi

スポーツシリーズ初のスパイダー

マクラーレンは現在、3つのラインがある。一つはサーキットを主軸とした「アルティメット シリーズ」、サーキットとオンロードの両方において、究極の走りを楽しめる「スーパー シリーズ」、そして、実用性を十分に考慮しながら、サーキットにおいても楽しめる「スポーツ シリーズ」だ。

今回のマクラーレン「570Sスパイダー」は、スポーツ シリーズの第3弾として登場。「570Sクーペ」、「570GT」に続くモデルで、6月にイギリスで開催された「グッドウッド フェスティバル オブ スピード」においてワールドプレミアされた、スポーツ シリーズとしてはじめてのコンバーチブルモデルである。

McLaren 570S Spider|マクラーレン570Sスパイダー
McLaren 570S Spider|マクラーレン570Sスパイダー

搭載されるエンジンは、570Sクーペと同じ3.8リッターV型8気筒ツインターボのMcLaren M838TEで、最高出力は570ps、最大トルクは600Nmを発生する。ローンチコントロール技術を採用したSSGとの組み合わせにより、0-100km/h加速は3.2秒、200km/hまでの加速は9.6秒だ。そして、ルーフを付けた状態での最高速度は570Sクーペと同じ328km/h、ルーフを下げた状態では315km/hとなる。ちなみに新欧州ドライビングサイクル(NEDC)での燃費は 10.7ℓ/100km、単純換算で約9.7km/ℓである。

ルーフは40km/hまでであれば15秒で開閉が可能だ。また、リアのウィンドウデフレクターは電動式で、ボタン操作で上下できる。このデフレクターはオープンの際は、風の巻き込みを低減し、ルーフが上がった状態では、ミッドリアに搭載したエンジン音を楽しむことが可能。

このルーフはソフトトップではなくリトラクタブル ハードトップを採用。ソフトトップに比べて耐候性に優れ、色あせがしにくくなっているという。重量増は570Sクーペ比で46kgにとどめられ、スポーツ シリーズのモデルに共通するカーボンファイバー製モノセルIIシャシーによって、コンバーチブルであっても補強は必要なかったという。