ジュネーブショー2018リポート ショーの華、コンセプトモデルが示す”未来”

ジュネーブショー2018リポート ショーの華、コンセプトモデルが示す

Porsche Mission-E Cross Turismo

CAR FEATURES

Geneva Motor Show 2018|ジュネーブ モーターショー 2018

ジュネーブショー2018リポート2

ショーの華、コンセプトモデルが示す”未来”

歴史あるモーターショーであるとともに、地元に大きなメーカーを持たない地の開催ということも相まって、毎年、非常に国際色豊かな展示で盛り上がりをみせるジュネーブモーターショー。その2018年現地リポート後編では、ショーの華でもあり、ブランドの未来を知ることのできるコンセプトモデルを中心に報告する。

Text & Photographs by OGAWA Fumio

電動化のフォルクスワーゲングループ

2018年のジュネーブモーターショーは百花繚乱。ハイパースポーツカーあり、SUVあり。そのなかで注目は、コンセプトモデルである。

コンセプトモデルとは(わざわざ説明もいらないだろうけれど)メーカーの将来に向けての方針をかたちにしたクルマ。市販車と近い場合もあれば、かなり大胆なときも。

s_003_geneva2018_rp2

Volkswagen I.D.Vizzion

s_004_geneva2018_rp2

2018年の特徴は、環境適合車の提案が多かったことだ。好個の例はポルシェ。2015年のフランクフルトモーターショーで公開したEVのコンセプト「ミッションE」を発展させた「ミッションE クロスツーリスモ」をお披露目した。

そもそもミッションEはパナメーラに代わる(?)新世代セダンのコンセプト。電気モーターで4輪を駆動する。ポルシェによると800Vの急速充電システム対応がセリングポイントでもある。

同じグループ企業であるフォルクスワーゲンは、やはりEVのコンセプトモデルをずらりと並べた。ジュネーブで初公開となったのは「I.D.ビジョン」というセダン。

EVであり、かつ自動運転システムに対応する技術のショーケースである「ID」シリーズに追加されたモデルである。かつての「Ro80」を思わせるスタイルはエレガントだが全長5メートル超とサイズは大きい。

ずらりと並んだIDシリーズで共通するのは自動運転(2025年ごろをVWでは想定しているとか)を前提としたコクピットデザインだ。とくに興味深いのは格納式ステアリングホイールのコンセプトである。

s_005_geneva2018_rp2