アウディのフラッグシップスポーツ「R8」がフルモデルチェンジ|Audi

アウディのフラッグシップスポーツ「R8」がフルモデルチェンジ|Audi

CAR NEWS

Audi R8|アウディ R8

アウディのフラッグシップスポーツ「R8」がフルモデルチェンジ

アウディ ジャパンは、フルモデルチェンジした新型「R8」の展示イベントを3月26日に富士スピードウェイで行い、7月5日より販売を開始することを発表。併せて、サブブランド「AUDI SPORT」の日本投入も明らかにした。

Text by OHTO Yasuhiro

全てが進化

2007年の日本投入より9年を経てアウディ「R8」が、ついに2代目へと進化した。日本市場には、標準モデルの「R8 V10 5.2FSI quattro」と上級モデルの「R8 V10 5.2FSI quattro plus」の2タイプを投入。主なトピックには、さらなる出力向上を果たした5.2リッターのV10エンジンや新開発のクワトロフルタイムAWDシステムの搭載、そして新世代のアウディ スペース フレーム(ASF)の採用などがある。

先代のイメージを踏襲するエクステリアは、ミッドシップモデルであることを意識させるフォルムを持ち、よりシャープさが強調されている。ボディサイズは、全長4,426×全幅1,940×全高1,240mmと全長と全幅は先代とほぼ同等となるが、全幅のみ約40mm拡大された。しかしながら、ボディ単体の重量は、アルミと炭素繊維複合素材(CFRP)を組み合わせたASFを新開発することで、先代より10kg下回る200kgを実現しているという。

Audi R8|アウディ R8
Audi R8|アウディ R8

ドライバーの背後に収められた5.2リッターV10 DOHCエンジンは、全面的に刷新されており、2つの仕様を用意される。R8 V10用は、最高出力540ps/8,250rpm、最大トルク540Nm/6,500rpmを発生する。一方、R8 V10 plus用では、最高出力610ps/8,250rpm、最大トルク560Nm/6,500rpmとなり、更なる出力向上が図られている。このR8 V10 plusは、0-100km/h加速が3.2秒。最高速度は330km/hに達する。

さらに両エンジンには、環境負荷低減と燃費向上対策として、片バンクを休止させる「シリンダー オン デマンド(COD)」や55km/h以下のアクセルオフでエンジンと駆動系を切り離す「コースティングモード」、アイドリングストップの「スタートストップシステム」も備えている。

トランスミッションは、デュアルクラッチ タイプである新開発の7段Sトロニックを採用。さらに標準搭載されるAWDシステム「quattro」を刷新することで、前後のトルク配分をより素早く、より幅広い範囲で制御することを可能とした。