ポルシェ、600psのEVスポーツカーのコンセプトを公開|Porsche

ポルシェ、600psのEVスポーツカーのコンセプトを公開|Porsche

CAR NEWS

Porsche Mission E|ポルシェ ミッション E

ポルシェ、600psのEVスポーツカーのコンセプトを公開

ポルシェは、フランクフルトモーターショーにおいて、600psを超す出力のピュアEVコンセプトモデル「ミッション E」を発表した。

Text by HORIGUCHI Yoshihiro(OPENERS)

15分で80パーセントの充電が可能

フランクフルトモーターショーにおいて、ポルシェが公開したのは、ピュアEVの4ドアスポーツコンセプト「ミッション E」。

駆動システムには、2基の永久磁石同期モーターを搭載し、合計で440kW(600ps)以上を発揮。0-100km/h加速は3.5秒以下、200km/hに達するのも12秒以内を誇る。いっぽうで、航続距離も500kmを超える実用的な数値を確保する。

Porsche Mission E|ポルシェ ミッション E
Porsche Mission E|ポルシェ ミッション E 0012

このパワフルなモーターは、今年のル・マン24時間耐久レースで優勝したレーシングカー「919ハイブリッド」に搭載されているものとほぼおなじとされ、バッテリーを前後アクスル間に搭載することで低重心化と前後重量配分を均等にする配置や、各ホイールへ自動でトルク配分をおこなうポルシェ トルク ベクトリングを介した4輪駆動システム、さらに4輪操舵を組み合わせることで、ニュルブルクリンク北コースで8分を切る実績をもつという。

充電には800Vの「ポルシェ ターボ チャージング」をつかうことで、およそ15分で80パーセントまで満たすことが可能。もちろん、従来の400Vによる充電にも対応し、さらにガレージ床面にコイルを埋め込んだワイヤレス充電も提案される。

ヘッドライトはエアインレット内に浮遊するように配置された4灯デザインのマトリクスLED。その中央にはセンサー類が配され、その周囲がインジケーターライトとなっている。

Bピラーはなく、観音開きの4ドアクーペスタイルをもつ。サイドミラーは目立たない小型カメラにとってかわられ、その映像はドライバーの視野にはいりやすい、フロントウィンドウの左右隅下に表示される。